« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月の23件の記事

2005/11/30

Vectorでマクロを公開

ExcelVBAで作ったマクロをVectorで公開してから、早2年半が経過しました。
おかげさまで、100回/日のダウンロード回数があり、無償版とは言え作った事に喜びを感じています。個人のサイトで公開していた時には、数回/日だったので、この公開により有名サイトの力というのを思い知らされました。

そこで、先日作った「ガントチャートforOOo」もVectorに登録してしまいました。
こちらはExcel版とは多少違ったアプローチになっていますが、機能的というよりも意図的な色合いが強いです。今はまだ稚拙なのであまり大きな事は言えないかもしれませんが、Excel版より使いやすくする予定でいます。

Excelは多くのユーザーがいて、誰が何を言おうと現在の表計算ソフトにおけるデファクトスタンダードであることは間違いありません。だから、便利であれば誰でも使います。
しかし、OpenOffice.orgが2〜3年以内にExcelと同じほど普及するとはとても思えません。ということは、そのマクロを使ってもらうためにはExcel以上の使いやすさが無いと、誰も魅力を感じないのではないかと思っています。

ということで、とりあえずの目標として、1日当たりのダウンロード数が「ガントチャートforExcel < ガントチャートforOOo」となるよう頑張るつもりです。
チャンスがあれば、Calc用マクロの作り方を紹介する本を書いてみたいとも思いますね。

ガントチャートforOOo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/29

システム手帳

051129-0801数年前、今の職場に出向させられるまでシステム手帳を使っていました。出張や他のメーカーの人たちとやり取りする事の多い仕事だったので、自分の予定や仕事の予定、やった事などを記録するとても重要なアイテムでした。
しかし、出向してからは毎日同じ場所へ行って、同じ人と会い、ルーチンワークを繰り返す毎日になってからはだんだん書く事がなくなり、いつの頃からか持ち歩く事もなくなりました。

システム手帳を持たなくなってから3年、書かなかったけど本当にいろいろな事がありました。
2番目、3番目の誕生、弟や妹の結婚、お世話になった叔父の葬儀、仲の悪かった弟も病気でこの世を去りました。でも、思い返してみると僕自身の事は何もありません。みんな、他の人のことばかり。

手帳に書かないことで、書くネタを探さなくなり、予定の入っていない毎日をただ過ごすだけになってしまっていました。書かないからシステム手帳を持たなくなった事に、何の疑問も感じなくなっている。

予定があるから管理するためのシステム手帳が普通ですが、今の僕には予定が無い事を自覚し、自分を管理するためにシステム手帳が必要だと感じています。
ということで、近所のホームセンターでシステム手帳を買いました。

今年の12月から来年の12月までの予定表がありますが、まだ忘年会以外に書く事がありません。来年のこの時期には、書き込みだらけの手帳になっているように頑張っていきたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/28

過ちに気付く

人間は多くの過ちを犯します。やってしまった後、直後に気が付くことが多いように感じるかもしれません。しかし、中にはそれが人生の岐路だと気付かないまま、間違った方向に足を踏み出し、そしてそれに気が付かないまま一生を終える事もあります。

何十年も経ってから、「あの時のあの選択は、もしかしたら...」と気が付く事もあります。
僕は、高校時代の過ちに今日気が付きました。

僕が工業高校を卒業する頃はバブル末期で、まだ卒業生より求人が多く、就職に困るような事はありませんでした。そして、僕はあまり成績が悪い方ではなかったので、成績順に希望を出せるシステムの中で自由に会社を選ぶ権利がありました。そこで、自分の進む道をある程度決めていたのですが、不幸にも若気の至りで最初に決めていた所をやめてしまったのです。

再度考え直した時には、売れ残りしか無くなっていました。そこで、先生の知り合いのコネを使って今の会社に入れるようにお願いをしてもらって入ったのです。入社後は、コネを使った事を知っている人から、ひどい扱いを受けましたが、これはまぁ自分の自業自得だと思って我慢したのですが、僕の入った会社は讒言と噂話が人を左右するところだとわかった時には、肩の荷が重すぎて、もうどこへも引き返せなくなっていました。

そして、ふと高校時代に思いを馳せてみると、そこには夢と希望に満ちた僕に負けないどころかそれ以上の夢と実力を持った人たちが多かったことを思い出しました。
毎晩、意見を交わしながら思い描く将来像をどうやって実現させるか、今自分に足りない物は何かを探求し、それを克服していたのです。

僕の会社にもすばらしい人がいます。しかし、大半の人たちは与えられた仕事をこなすことに満足し、余力をパチンコや放蕩で浪費し、小さな経験に基づく現実論の剣で他人の夢を切り裂いてばかり。その剣を浴びながら、いつの日にか僕も夢を失っていました。自分の将来像は曇り、輝く事も無く、いつの頃からか夢を実現させるということに思いを巡らせる事も無くなりました。
知人の立身出世話を聞いては「知り合い」であることを誇る毎日。
そして、一番嫌悪感を感じるのは、これまでの人生に満足していると自分自身を納得させるよう努力している自分です。

ずいぶん年をとりました。どうせなら、もう気が付かない方が良かったかもしれません。でも、気付いてしまったら言い訳などできません。
先日ブログに書いた「きむらプロデューサー」は、早速行動を開始しています。自分の得意分野ではありませんが、まずは出来る事からこつこつとやるしかありません。

僕の過ちは「夢を実現するために、今出来る事」を考えなくなってしまった事です。
まさにこのブログのタイトル、「明日のために今日出来る事。」を忘れてしまっていた事に、今日気が付きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/27

国際交流のつどい

以前、かみさんが日本語を習いに行っていた団体の主催で「国際交流のつどい」というのがあって、参加してきました。
しかし、この日は忙しく、朝はかみさんの通っている教会で第三子の「幼児祝福式」とやらがあり、それにも参加しなくてはなりませんでした。なんだかんだと慌ただしくはありましたが、へとへとになりながらそれなりに楽しいひとときを過ごす事ができました。

国際交流のつどいのプログラムを簡単に紹介すると、まず地元の幼稚園児による前座(歌)があり、県内在住の外国人による日本語のスピーチ、続いて各国の料理を持ち寄っての会食。そして、UK出身の方の創作落語があって、○×クイズと続きます。
僕たちは、幼児祝福式のために多少遅れて参加したので、スピーチの半分くらいから聞き始めました。

スピーチをする人は、日本に来て数年の人から十数年の人まで様々でした。あまり上手ではない日本語によるスピーチもありましたが、いろいろと苦労をされているようで、主張したい部分では流暢な日本語で力説されていました。僕は海外で生活した事がないので、それがどれほど大変なことなのかは想像するしかありませんが、日本も外国人を受け入れるならもう少し対応をよくしてもいいのではないかといつも思います。日本語しかない道路の看板やJRの案内板ってまだまだ多いけど、あれに英語を併記するだけでもずいぶん違うものになるそうです。

次の会食では、えさに群がる禿鷹と言った感じで、乾杯の前にほとんどの料理がなくなってしまいました。こういう時には国民性がよく見えて、遠慮のない国とかマナーのある国とかいろいろと感じる部分がありますが、一番意地汚く見えたのは日本人のおばさん連中でした。人数に対してとても料理が少なく、テーブルも小さかったのに、皿に料理を取ってもそのテーブルから離れる事はなく、「おいしい、おいしい」と連呼しながら食べては盛ってを繰り返していました。後ろに、空っぽの皿を持った人がいても気付く様子も、気にする様子もありません。

これが世界の縮図なのかなと感じてしまいました。
もっとよく考えなくてはなりません。世界には明日の食べ物にも困っている人が何人もいるのに...明日の食事に心配のない人が、これらの人にしてあげれる事は山ほどあるはずです。

創作落語は国際結婚をテーマに、言語の違いや文化の違いをおもしろおかしく語って、楽しませてもらいました。

○×クイズでは、地元のことや世界の様々なことを問題にしていましたが、「○」と言って不正解ということにされた人がゲームから外れた後に「実は×でした」とか言ったりして、なんだか皆やる気を失っていましたが、正解者への商品がボールペンだったことから、後半は参加者が急激に少なくなっていきました。

最近英語にご無沙汰だったので、友人から紹介してもらったオーストラリアの方の英語を理解するのにとても苦労しました。結局、相手が日本語OKだったので、途中からほとんど日本語になってしまったのですが...いかんですな。
また、近所にインドネシアの方が引っ越してきていたことがわかり、いろいろと楽しくお話をさせて頂きました。今後も交流を続けていきたいものです。

他にも国際交流に興味がある日本人もたくさんいたので、こう言う集まりを通してそういう人が次へ進むためのステップになれば良いなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/26

土曜日早朝テニスの忘年会と僕の夢

毎週土曜日の朝7:00〜9:00までの2時間ほど、テニスをしています。そろそろ年末も近くなったので、みんなの予定が入る前に、ちょっと早いですが忘年会をしてきました。

メンバーは7人ですが、年齢層は20歳から40歳までと結構幅が広く、テニスをしている時同様に和気藹々と忘年会も進み、無事終了する事ができました。

議題の半分以上が20歳の子S君の夢について。
僕も同じくらいの年齢で多くの夢を持っていました。でも、なんだかんだと言い訳をしているうちに、その夢のほとんどは潰えてしまい、今ではしがない一サラリーマンとなっています。そんな自分に満足しているわけではありませんが、もうこれから新天地を求められないほど僕は保守的になりすぎています。そこで、夢を持った若い子を見ると応援してあげたくなります。

彼の夢はミュージシャンになること。それはそれは大変な夢だと思います。世の中には八百万の同じ夢を持った人で溢れているのに、その中に飛び来んでいこうなんて「夢」以外の何者でもありません。ですが、人間はどこでどうなるのかわからないものです。だから、初めからあきらめたりしないで、是非頑張ってみてもらいたい。

そこで、一日の長がある僕としては、まずこれからしなくてはならない事、夢を現実に変えるために越えなくてはならない課題を提示していきたいと思っています。
まさに、きむらプロデューサー。

飲み会の席で出た馬鹿話ですが、僕は結構真剣。
彼には彼の夢があるのですが、僕にも僕の夢があります。便乗するわけではありませんが、僕の夢を実現するために、まずできることを一つ見つけたような気がします。

僕の夢ですか?それは「世界平和」です。戦争の無い世の中を作るために、僕が出来る事をこつこつと始めていきたいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/23

クロネコメール便

今日、会社に提出する書類があったので、コンビニへ行って書類を送る事にしました。

そこで、EXPACK500を使おうと思ってレジにいたアルバイトに聞いてみると、「は」というような間抜け面で「何ですかそれ」と聞き返してくるではないですか。仕方がないので、店の入り口に連れて行って「ここに張り紙があるんですけど、やってないんですか?」と聞くと、「しばらくお待ち下さい」とどこかへ行ってしまいました。

奥の方から店長がやってきて、EXPACK500ではなく、クロネコメール便を強く勧めるのでそちらを使う事にしました。何だか早口にペラペラと説明するのですが、ちょっとおどおどした口調で言っている内容がよくわかりません。でもまぁ、クロネコヤマトだから安心だろうと思い、80円の送料を払って、伝票をもらって帰りました。

家に帰って伝票を見てびっくり。「信書は送れません」、「送料以上の保証はしない」という但し書きがあるではないですか。「何を送るんですか?」と言うから、年末調整用の書類だと封筒から出して見せたのに...どうりで、会話の中で「大丈夫ですか?」を連発していたわけだ。というより、内容からしてダメだとわかってるのに、なぜ大丈夫かと聞くのみで「送れない」と教えなかったのだろう?というより、なぜEXPACK500をやめさせて、クロネコメール便にさせたのか?
全然理由がわからない...

さて、先ほど「クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム」にて、伝票の番号を入れてみると、「伝票番号未登録」だそうです。渡してから既に9時間が経過しています。
「明日には届く」と言っていたけど、大丈夫なのでしょうか。もし届かなかったとしても、送料以上の保証はありません。

うーん、矢継ぎ早にわかりにくい説明を受けると流されてしまう自分もいるみたい。自分の専門分野なら絶対にこんなことはしないと思うのですが、知らない分野にはめっきり弱いみたい。
詐欺の手法に似ているみたいですが、これで騙される人の気持ちがちょっとわかったような気がします。

とりあえず、明日きちんと届く事を祈るばかりです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/11/22

暖冬がいい?

かみさんが「冬は寒いのが嫌だから、暖冬がいいなぁ」と言ったら、かみさんのお母さんが「暖冬だと、翌年の夏にいろいろな病気が発生して困る」と言ったそうです。

これを聞いて思ったこと。最近、様々な新種のウィルスが世間を騒がせていますが、これはこの義母の一言にとても関連があるのでは無いかと思いました。

「地球温暖化」
北極や南極の氷が溶けるため、海面が上昇し、陸地が減るというのがよく焦点に挙げられますが、僕が子供の頃と比較しても雪が減ったと実感できるほどの勢いで進んでいる状況なのは、皆周知の通りです。温暖化によって、毎年暖冬が続く昨今、鳥インフルエンザ等の新しい病気も、地球温暖化と合わせて考えてみるべきなのかもしれませんね。

昔の人の知識って裏付けとか無くても、何だか信憑性を感じてしまいます。こういう知識を、しっかりと後世に伝えていくことも重要なことだと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/20

右手が全然動かない!!

今朝、目が覚めて上半身を持ち上げようとしたら、何か変。
右肩を上にして、横向きで寝ていたのですが、体にひどく違和感を覚える。
左手で布団を押しながら、上体を持ち上げると、「ゴトン」と力なく右手が垂れ下がってピクリともしません。一瞬、何が起きているのか全く理解できなかったのですが、右手を持ち上げようとしても全く動きません。肘を曲げようとしてもダランと垂れ下がるだけで、指を曲げ伸ばししようとしても、全く言う事を聞かないのです。

とっさに、口から「やばい!」と言う言葉が漏れました。

指先に血の気が無かった事から、左手で右肩をさすり、指先に血液を送るようにしてやりました。すると、ドクドクと血が流れてゆくのがわかり、手が少し動くようになりました。
その後、正座をした時の足のしびれみたいに、手がしびれていたのですが、数十秒後には自由に動かせるようになりました。

右手をまくらしていた時、似たような事に遭遇した事は何度かあったのですが、上にしている時に動かなくなったのは初めて。ちょっと体が心配なんだけど、医者に行くべきか否か、また、何科の医師のもとへ行くべきかわからない。まだ30なのに、もう体にガタが来ているのかな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/11/19

バリトン独唱コンサート

051119-1725かみさんが通っている教会にて、今仲幸雄氏のバリトンコンサートがあるということなので、聞きに行きました。
今仲氏は東京芸大を卒業後、ドイツに行っていた方らしいです。
バッハ、高田三郎、ドヴォルザーク、聖歌、賛美歌などを氏の体験談や各作曲、作詞家の説明を交えて歌われていましたが、すばらしい声量で、一番後ろに座っていても、とても良く聞こえました。

氏は色々な苦労をされているらしく、娘さんは何年も寝たきりのままなのですが、親子3人で幸せに暮らしているという言葉をよく使われていました。

最近特に思うのは、幸せの形は人それぞれ違うという事です。子供は欲しい物が手に入れば喜びます。しかし、褒められるという事や人から大切に思われる事をもっと喜ぶ子もいます。育っていくにつれ、人それぞ色々な経験をし、欲しい物も変わってくれば、喜びを感じるものも違います。

しかし、自分の考える幸せを普遍のものと考える人が結構います。どうしてかというと、最近は何でも価値の基準に「お金」を使う人が増えたためではないかと思います。高い物は価値のあるもの、安い物は価値の無いもの。
しかし、お金で買えない価値もあります。僕は、お金で買えない価値を見つけた人を幸せな人だと感じています。だからと言って、高価な宝石を手に入れる事を幸せと感じる人を否定はしません。
ただ、高価なものを手にするために無理をしている人がいるなら、お金で買えない価値のあるものを探してみてはいかがでしょうか。

僕はまだ、見つけられないでいるのですが、他の人が絶対に持つことがなく、また時間が経つと壊れたりする事の無い幸せを手に入れれるよう頑張っていきたいと思っています。

蛇足ですが、夕飯の材料を買いに行ったスーパーで試食の鍋用ラーメンを食べる娘を見るのもまた幸せの形の一つかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/18

車から異音がします

エンジンをかけると、「ちゃぷちゃぷ」と何か水のような音がするのです。
ボンネットを開けて見ると...おっと、車に関する知識のない僕には、開けたところで何が何だかわかりません。

そこで、車屋さんへ行く事にしました。
窓口にいた人に症状の説明をすると、その人が車に乗ってそこらを運転。戻ってきて、聞こえなかったと言われたのですが、とりあえずメカニックの方に見てもらう事になりました。

しばらくすると、水が漏れているらしいとの報告。何でもラジエータの冷却水を貯めておくリザーバーのパッキンがだめになっているのはないかとのことで、交換しなくてはならなくなりました。
いくらぐらいかかるのかと心配していたら、購入していた時の中古保証が残っているから無料でした。でも、部品は取り寄せになるので、今日は冷却水を補充してもらって退散。後日の連絡を待っています。

実はこの車、購入後に何度もドック入りしているのですが、今までお金を払った事がありません。「中古車は、しっかりしたお店で保証付きのものを買った方がいいのかもしれない」と考えるようになりましたが、この保証が切れた後の事がちょっと心配です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/17

こたつ

051117-1232久しぶりに、個人的な事を書くような気がします。

僕は一度こたつに入ると、「あり地獄にはまったあり」のようにそこから抜け出す事ができない人間です。そのため、なるべくこたつは所有しないよう心がけていました。独身時代から結婚して今まで、こたつの購入は議題にも上がった事がなかったのですが、ついに今日その封印が破られてしまいました。

きっかけは、かみさんの「ホットカーペットかこたつのどちらかを買おう」という一言から始まりました。
ホットカーペットも悪くはないのですが、既に1枚持っていて、小さなテーブルをその上に置いて作業をしているので、あまり有効に場所を使っているとは思えなかったから、ついつい「こたつも悪くないな」という考えがわいてきてしまいました。
それからは雪崩のごとく購入する話が盛り上がって、つい先ほど購入してきました。ちなみに、かみさんの一言は、今朝の事です。安い物で3000円程度のものもありましたが、夏場はテーブルとして使えるようにと、ちょっと奮発して家具調こたつを購入しました。

狭い部屋がさらに狭くなってしまいました。(写真参照)

これから雪が降り、こたつから出られない日々が続く事と思いますが、僕の大好きな「こたつに入ってアイスを食べる」が十数年ぶりに実現できそうです...

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/16

ガントチャートforOOo公開用ページ作成

今までこのブログで公開してきましたが、他にも色々書いていることと、情報が古くなると埋もれてわかりにくくなることから公開用のページを作ってみました。
即興で作ったので、ちょっと寂しい感じはしますが、とりあえず公開できれば良いかなというところです。

ガントチャートforOOo専用ページ

大きな変更があればこのブログでもアナウンスしようとは思いますが、細々とした更新は上記ページで行いたいと考えています。いくつかのサイトやMLでこのブログを案内してしまった後で申し訳ないのですが、今後リンク先を案内する時は、上記を案内していきます。

まだ、まだ発展途上ですが、あともう少しは便利にしたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/15

ガントチャートforOOo rev 0.07a

試用して頂いた方のコメント及びUbuntuLinuxでの動作確認の結果、不具合をいくつか修正したので、公開します。

主な変更内容
 OOo2.0でエラーが出る部分を修正
 日付の変更操作時、チャートを直後に更新するよう変更
 休日変更操作直後にチャートを更新するよう変更

問題点
 OOo2.0でカレンダーの休日ボタンを色違いで表示できていない

rev.0.08までに実現したい事
 担当者の編集とチャートへの反映

本当はやらなくてはならないと思いつつ、なかなか着手できていない事
 分類や項目の並べ替え、削除

OOo1.1と2.0ではマクロ(Basic)の挙動が多少違い、互換性を保つのには苦労しそうですね。また、画面描画についても、処理の早い部分と遅い部分に違いがあるようです。OSによっても違うから何とも言えないのでしょうが、これからなるべく多くの環境でテストをしていかないといけないですね。
Javaほどではありませんが、OOoのマクロも複数の環境で動作するので「Write Once, Run Anyware」って感じがいいですね。とても大きな魅力だと思います。

「gantt_007a.sxc」をダウンロード

追記:
編集ダイアログから項目の削除ができるようになりました。また、工程の編集ダイアログを一部変更しています。但し、キーボードを使って目的の項目を選択してから削除のボタンを押すというわかりずらい操作方になっていますが、何か良い操作方法のアイディアを持っている人がいれば教えて下さい。
「gantt_007b.sxc」をダウンロード

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/11/14

ガントチャートforOOo rev 0.06

次のバージョンができたので、早速公開します。

出来るようになった事
 休日の設定をカレンダーダイアログで行い、休日の色分け表示を行う
 工程表の開始日をカレンダーダイアログで変更ができるようになった

出来ない事
 ファイルを開いた直後にダイアログを表示する操作を行うとエラーが表示される(OK操作後、同じ操作をすると問題なく動作します)...誰か助けてーー!
 分類、項目の削除
 担当者の編集

ずいぶん慣れてきて、それなりにすらすらとコードを作成できるようにはなってきたのですが、どうも仕組みをよく理解できていないため、冗長的なコードを書いているようで不安です。自分が楽になるように関数を多用する癖があるのですが、これもまた良くないのかもしれない。処理が増えるにつれ、速度の遅さが顕著になってきたので、多少書いたコードの見直しなども必要みたい。
とりあえず、今はまた力技でガシガシ書いているのですが、早いうちに整形やコメント付けを行っていきたいと思っています。

下記サイトに大変お世話になってます。とても親切に解説してあり、これからもお世話になる事明白で、これからOpenOffice.orgのマクロの勉強をしようと思っている人は必見です。
OOoBasicの参考サイト

「gantt_006.sxc」をダウンロード

プチ修正をしたので、更新版も公開します。(ファイルを開いた直後のダイアログ操作によるエラーが出なくなりました)
「gantt_006b.sxc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/13

ガントチャートforOOo rev 0.05

0.04を公開しようと思ったらバグがあって、修正したので0.05を公開します。

出来るようになった事
 ダイアログから分類、項目の追加および工程の追加、削除ができるようになった

まだ出来ない事
 休日の色分け
 担当者の登録、編集および項目との関連付け

OpenOfficeはいろいろな環境で動作するので、動作の確認をするのに一苦労。先日入れたUbuntuLinux上で動かそうとすると、エラーばかりで動かなかった。調べてみると、OOoは1と2で多少マクロの挙動が違うみたい。一番困ったのはCDate関数について、呼び出し時に計算するような入れ方をするとだめみたいだったので、関係する部分を全て修正して、1と2で動作するように改造しました。
他にもいくつかあったけど、その都度メモをしなかったのでちょっと忘れてしまいました。

僕の家にはまともなWindows環境が無いので、もしWindows版OpenOfficeを入れている人がいたら動作の確認をして、連絡をいただければうれしいです。

「gantt_005.sxc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/12

TOMOYO Linux?

ぶらぶらとニュースサイトで見つけました。やけに日本風の名前だなぁと思って読んでいると、他にも
SAKURA Linux
SYAORAN Linux
というのがあるみたい...って、これはNHKでやってたアニメーションの「カードキャプター さくら」の登場人物ではないですか。

上記アニメを見てたわけではないのですが、最近になって娘がレンタルビデオ屋さんで見つけ、見た内容を話してくれていたのでいくらかの知識があり、見つけた時にはびっくりしました。
かなりあからさまなのですが、こういう命名って自由なのでしょうか。例えば、タオパイパイLinuxとかクリリンLinuxとか作っても、問題ないのかな?

何でもセキュリティについて工夫されているようですが、著作権とかは大丈夫なのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/11

ガントチャートforOOo rev 0.03

出来るようになった事
 分類を非表示にした際、下位の項目を表示しないようにした
 分類、項目、工程の編集をダイアログで行えるようにした。

出来ない事
 休日の色分け
 カレンダーによる日付の選択
 ダイアログによる、分類、項目、工程データの追加および削除

上記の出来ない事は時間の問題かと思われるのですが、今一番の問題として挙げられるのが
 更新ボタンを押した後にダイアログを閉じる方法がわからない
という事です。ボタンを押して、ダイアログのdispose()を実行するとアプリケーションが強制的に終了させられてしまうので、他に取るべき方法が思いつかない...知っている人がいたら教えてもらいたいです。
また、ファイルを開いた直後にボタンを押すと、エラーが出ます。エラーはOKで消して、再度ボタンを押すと問題なく動くので、なんとか使えますが解決するよう努力してます。

ちなみに家のLinux(FedoraCore3)で動作の確認をしたら、NeoOffice/J(Mac OS X)よりさくさく動きますね。開発環境を変える必要を感じています。Windowsではどうなのでしょうか。

「gantt_003.sxc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/10

ガントチャートforOOo rev 0.02

編集用ダイアログの作成中。
まだ完成とはほど遠いのですが、できた所までを公開してみます。

出来るようになった事
 チャートの更新をシート上のボタンから行える。
 分類の名称と項目の名称および分類を編集可能なダイアログを作成し、シート上のボタンから呼び出しができる。

いまいちコーディング規則がわからないので、後で整理しないといけないとは思うのですが、今は力技でガシガシ書いてみています。
開発環境がMac OS XのNeoOffice/Jなので、LinuxやWindows環境で動作の確認をしてみてくれる人を大募集中。エラーが出たら、内容とその箇所を指摘してもらえるとうれしいです。
ダウンロードは下記リンクから行えます。

「gantt_002.sxc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/08

Ubuntu Linux

ちょっと新しめのLinuxディストリビューションで、ホームページの雰囲気が良かったからダウンロードしてみました。
そこで、早速インストールをしてみて、ちょこっと(30分程度)使ってみたので、簡単なレポートを書きます。

まず、試した環境は
 Celeron 1.5GHz / RAM 512MB / HDD 40GB / ASUS Terminator P4 べアボーン
です。サイトからインストール用CDのisoイメージを一つダウンロードし、CD-Rに焼いて準備完了。
英語サイト
日本語サイト

CDから起動して、「boot :」が表示されたらenterを押すと、テキストベースのインストーラが立ち上がり、最初に言語を選択します。ハードウェアの検出をしたら、次にハードディスクのパーティション操作について自動か手動を選ぶ画面が出て、上から「消去」、「消去と自動設定」、「手動設定」(って感じの事が書いてあった)を選択するようになってたので、自動を選択。ネットワークはDHCPで起動し、ホスト名を入力して終了。ルート権限を持つユーザーの登録として、本名とユーザー名、パスワードを入力。後は、必要なファイルをガシガシ自動でコピーしてました。

一通りのコピーが終了するとCDトレイが出るので、中身を取り出して再起動。

再起動後も何かコピーをしたり、ハードウェアの検出をしたりしながらセットアップを継続して、暫く待ってるとグラフィカルなログイン画面(GNOME)が出てきました。先ほど入力したユーザー名とパスワードでログインすると、結構レスポンス良く動作します。

標準のWebブラウザはFirefoxで、問題なく閲覧が可能。雰囲気としてデスクトップ用Linuxを意識しているのかと思われるような作りで、開発環境は標準でほとんど入っていないけど、アプリケーションを選択するとインストールやアンインストールができるプログラムがあり、便利そう。
オフィス系ソフトとしてOpenOffice.Org2が入っていたので、早速作ったガントチャートforOpenOffice.Orgをダウンロードして動作確認。すると、何かエラーで止まってしまいました。
ちょこっと直して、きちんと動作するようにはなったのですが、改めて中途半端な物を公開してしまったものだと反省しています。

これでは、何だかわからないかもしれませんが、インストールはWindowsと比較して全く遜色無いかそれ以上に簡単だったように感じました。時間も1時間かからずに終了します。

FedoraCoreもインストールは簡単なのですが、標準で相当量のソフトをインストールするので、ちょっと重い感じがします。それに比べるとUbuntuはデスクトップ用Linuxとして良い選択肢かなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/07

OpenOffice.orgでもガントチャート

最近注目されているばかりでなく、実用的になってきた無料のオフィス系ソフトのOpenOffice.org。
利用者も徐々に増えてきているようなので、これを使ってガントチャートを作成するマクロの開発ができるか検討中。

オープンソースという形式で開発されているこのプログラムで動作するマクロは、やっぱりオープンソースで公開するほうが気持ちがいいなと思うので、もし完成したら隠蔽する事なく公開していきたいと思います。
但し、Excelとはずいぶん勝手が違い、苦労しそう。また、開発環境が貧相なのと情報が少ない事から遅々として進まないです。
とりあえず、データを手入力する事でチャートを描画するところまでは完成したので、不完全版ですが公開してみて、質問やご意見があればどんどん聞いていきたいと考えています。
ちなみに、僕のHPでVBAの講座を行っているのですが、その講座にある「簡易版ガントチャート」より不完全なので、よっぽど理解のある方以外には何の役にも立たない代物です。

とりあえず名前は「ガントチャートforOpenOffice.Org」としておきます。興味のある方はこちらからダウンロードして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/05

吸血姫 美夕

1988年のOVAです。
中学生か高校生の時に、アニオタの先輩から紹介されて見たのが最初です。
次に就職してから、これまたアニオタの先輩の持っていたLDを見せてもらいました。

それから12年、存在を全く忘れるほど見ていなかったのですが、いつもの100円ビデオレンタル屋さんに行くと、これが置いてあったので借りてみました。

久しぶりで、話も忘れていたのでなかなか楽しめたのですが、エンディングのクレジットを見てびっくり。
 作画監督、キャラクターデザイン 「垣野内成美」
 主人公 「美夕」
...と、これは長女・次女(漢字は違います)と同じ名前。さすがに三女の名前は出てこなかったのですが、何か因縁めいたものを感じてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/04

第二種電気工事士 免状到着

先日、再交付の申請を行った電気工事士の免状が届きました。
久しぶりに見た免状は「本当にこんなに安っぽかった?」と疑問を感じるほど簡単な作りで、持って行った写真が貼られた紙に、手書きで発行日と再交付日が書いてあり、県知事の印鑑が押してあるだけ...年間30000人程度の人が取得する資格だし、作業するために携帯なんかしてたらぐちゃぐちゃになるので、綺麗にしたところでどうということの無いものかもしれません。

では、この免状を入手してどうするかと言うと、どうもしません。

やっぱり仕事にはそれほど関係がありませんし、取得してから工事士の免許が必要な業務に一度も従事していないのだから、いきなり現場で作業をしろと言われても作業などできるはずがありません。
免状の再交付手続きを行っておきながら、自分で書くのもはばかれますが、やっぱ資格は持ってるだけでは何の役にも立たず、実務経験が如何に重要であるかを再認識させられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/02

牛肉輸入再開?

先日、米国産牛肉の輸入を再開しないと日本からの輸入品について関税を上げるという話をニュースで見ました。
きちんと管理しないから安くできる粗悪品を、健康に危険があるからという理由で購入してもらえないことを棚に上げて、制裁措置を行なうなんて...一部の政治家の利益のために侵略戦争をする国だから、これぐらいかわいいものだと言われてしまえばその通りなのですが...

なんだか、いじめっ子といじめられっ子の関係みたい。例えばジャイアンとスネオで、仲はいいんだけど一緒にいても結局いじめられてる。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »