« メールチェック病 | トップページ | 感謝すること »

2005/10/21

祭り(資格試験)の後、祭り(資格試験)の前

先日の情報処理技術者の試験以降、全く気持ちがシャンとしません。
あまりに張りつめていたのでそのしわ寄せが来たのだと思うのですが、弛んだ弦をチューニングしてくれる人もなく、午後1による再びの不合格確定という解答速報との照会による結果から、立ち直る兆しが見えません。

昔から「試験」には一定の攻略法を見つけ、あまり落ちたことがありません。落ちるような試験は始めから受けないので、当然と言えば当然です。しかも、落ちたら興味を失うので、同じ試験を2度受けるということもありませんでした。しかし、この情報セキュリティアドミニストレータはどうしても欲しい資格で、去年落ちたからとあきらめる事ができず、今年もチャレンジをしたのです。自分としては、これまで無いくらい勉強したつもりだったのですが、不足していたのでしょう。

でも、この資格は目標ではあっても、目的ではありません。これに合格したらもう終わりというわけでもなく、セキュリティに関することは日々進歩し、それについていかないとまさしく飾りとしての資格になってしまいます。セキュリティに関わらず、技術に関する事はほとんど同じです。また、大げさに言うなら人生も然り。合格したら、また別の目標を立ててクリアする。
落ちた、合格したというのは有形の結果に過ぎず、大切なのはこの勉強により取得した知識を今後にどう活かすかであって、活用できて初めて有意義であったと判断でき、有効に作用して初めて評価されるべきものだと思います。

これから、自分の周囲を見直し、必要な判断を十分出来るよう、また頑張らなくてはなりません。

先日の試験が終われば、次回の試験が待っています。前後は無く、合格しようが落ちようが、ただ前を見て邁進するのみです。この試験が終わりでないということを思い出し、一日でも早くこの脱力感から抜け出さないといけない。無為に過ぎてゆく日々は帰ってこないのだから。
...と、自分に自分で説教しています。

|

« メールチェック病 | トップページ | 感謝すること »

コメント

あ~、気持ち分かりますね。
春に受験した試験で、同じような感覚になったことがあります。脱力感から抜けるのに時間がかかりました。
その時の私は、そういう時間も必要という意識でした(笑)でも、時間は大切ですよね。

投稿: ichiro | 2005/10/23 23:09

ichiroさん、コメントありがとうございます。
このうだうだと無為に過ぎてゆく時間に焦りもあるんですよ。僕が試験後で脱力感に満たされているからと言って、やらなきゃいけない仕事が減るわけでもないのに、最近定時になると早々に帰ったりしてて、後が怖いです...

投稿: きむらしのぶ | 2005/10/24 06:42

「落ちた、合格したというのは有形の結果に過ぎず、大切なのはこの勉強により取得した知識を今後にどう活かすかであって、活用できて初めて有意義であったと判断でき、有効に作用して初めて評価されるべきものだと思います。」
最もな意見ですよね・・・何度もこの部分を自分自身に言い聞かせてますが、どうしても合格したい!負けず嫌いの性格だからでしょうか・・・私は来年も挑戦します。

投稿: 0306 | 2005/10/24 11:00

コメントありがとうございます、0306さん。
0306さんの場合は、「免許」だからこれが無いと仕事ができないので、有形の結果は必須なのかなと思います。
僕の試験は「これぐらいのことは出来ますよ」という指針になるだけなので、正直持っていなくても、持っていてもそれほどの差はありません。一部の人に言わせると「飾り」に過ぎないそうです。
でもやっぱり自分の努力が形になって報われるとうれしいから、合格はしたいですよね。できるといいなぁ。

お互い、来年も頑張りましょう。

投稿: きむらしのぶ | 2005/10/25 06:38

なるほど・・・私のは免許だから、こだわるべきですねぇ!

投稿: 0306 | 2005/10/27 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/6503641

この記事へのトラックバック一覧です: 祭り(資格試験)の後、祭り(資格試験)の前:

« メールチェック病 | トップページ | 感謝すること »