« 新しい事を覚える労力 | トップページ | 帰省中 »

2005/10/26

我慢させることで、より大きな喜びを与える

僕の身の回りには裕福な人が多いようで、子供に色々なものを買い与えています。子供が欲しいというおやつはもちろんのこと、最近流行のアニメや特撮ヒーローのキャラクター商品、中には4歳にしてニンテンドーDSとかプレイステーション2とかを持っていたりします。
それらを購入してもらった子供は、もちろん喜んでいます。

しかし、これは本当に良い事なのかなと疑問を感じています。確かに、子供を幸福にしてあげるという意味で「欲しい物を与える」のは親としてしてあげたい事の一つではありますが、いつまでそれが続けられるのでしょうか。
子供のおもちゃは次第に高価な物へと移行して行くでしょう。そのうち親はそれを供給し続ける事ができなくなるけど、子供には「欲しい物が手に入らない」ということが理解できず、その頃にはそれを我慢することが出来なくなっています。これらは「キレる」という行動や我慢できなくて窃盗や犯罪を犯す原因につながると考えています。

子供が「欲しい」と言った商品を渡すときの子供の喜ぶ顔は、なんとも言えないくらい愛くるしく、それを見るのはうれしい事です。しかし、僕は子供にあまり物を買ってあげません。それは、「欲しいと言えば手に入る」という錯覚をさせず、それを手に入れるためにしなければならない工程とそれが本当にそれほど必要な物であるかを考えるということを教えるためだと思っています。

ある程度の犠牲を払ってやっと手に入れた物を大切にし、また新しい物を手に入れる時には自分の払う犠牲に対しそれほど価値がある物かを吟味する。これを小さな頃から教えておくことは重要なのではないでしょうか。
買ってあげた物が部屋に散らかったままで、片付けられる気配がなければ、叱り、時には廃棄します。

友達の家に遊びに行くと、子供はとてもうらやましそうな顔をします。それはそれでいいのです。その分、本当に必要だったり、自分が価値があると認めた物を手に入れた時のより大きな喜びを得る事ができるのだから。

これは僕たち大人にも言えるのではないでしょうか。今、自分のしたい事に溺れていないで、それを我慢し、しなくてはならない事を始めれば、その後ろに大きな喜びがあるのだと思います。
子供に教えながら、自分自身もその大きな喜びを得る努力を継続していきたいものです。

|

« 新しい事を覚える労力 | トップページ | 帰省中 »

コメント

でも、DSってみんな持っているんじゃないんですか?あんまり我慢させると可哀相

投稿: ええ | 2005/11/03 11:52

コメントありがとうございます、ええさん。
みんな持ってるんですか!?知らなかった。
でも、ゲームに夢中になってる子供を見たらイライラするし、ゲームばかりしてて言う事聞かなかったりしたら、激怒してしまいそう。
それで、叱られて叩かれたり、ゲームを失うようなことになったら子供がもっと可哀想だから、我が家の場合は買わない方が、子供にとって幸せかもしれない。

投稿: きむらしのぶ | 2005/11/03 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/6610971

この記事へのトラックバック一覧です: 我慢させることで、より大きな喜びを与える:

« 新しい事を覚える労力 | トップページ | 帰省中 »