« 永住許可申請 | トップページ | 僕の絵空事 : 輪廻転生と天国と地獄 »

2005/10/08

幼稚園の運動会

今日は娘の通う幼稚園の運動会がありました。この幼稚園はあまり広くないので、近くの中学校を借りて行っています。何でも会場設営のお手伝いをすると優先的に場所取りをさせてくれるとかいう事で、かみさんに言われて朝早くから幼稚園に行って荷物の積み込みを手伝い、乗り切らなかった小物を持って中学校へ向かいました。
すると、不思議な事に、幼稚園で荷物の積み込みをした人で一緒に歩いてきたはずなのに、そこには既に複数のお父さん達がいて、場所を確保しているではないですか。しかも、その後の会場設営を手伝っているのは、幼稚園で荷物の積み込みをした人だけ。場所を確保するためだけに来た人は、立ち話をして、時間が来たら缶コーヒーをもらって飲んでいただけ...当然僕が場所を確保した時には、そういう人たちの後ろになってしまいました。

その時、既にいや〜な予感がしていたのですが、的中してしまいました。
051008-0900前から2番目にいたのに、何も見えません。場所の確保は家族が座れる程度ということでしたが、大きなブルーシートを用意し、複数の友人同士と思われる家族が一緒に座り、小学生高学年とおぼしき少年はつまらないとそこへ寝そべりながら鑑賞しているではないですか...雨だったので会場が狭く、後ろには立ち見のおじいさんやおばあさんもいました。園児達は背が低いので、立たれてしまうと何も見えません。
しかも周期的に左右を移動しながら立っているので、隙間をぬってビデオカメラを回しても、腰や肩が定期的に入ってしまいます。

この町は我が子指向の人が多く、親も子供も「自分さえ良ければそれでいい」という人がとっても多いです。これと似たような事例で、お祭りがあります。最近流行の「よさこい」とやらで、踊りながら町を練り歩くのですが、その参加チームにこの町の子供だけを集めたダンス教室のチームがあります。そのチームが踊るまではびっくりするほどの賑わいがあるのですが、そのチームが踊り始めると人が一気に集中し、終わった途端にびっくりするほど人がいなくなります。踊っている我が子を撮影しようと、カメラを持った集団がいきなり我先にと見物客を押しのけて移動していくので、危険極まりない。知り合いと一緒に座って見ていたら、まるで「風の谷のナウシカ」のオームのように、前も見ないで移動してくるのです。僕の鞄を踏みつけようが、子供の足を蹴ろうが、見ている前を遮ろうが、おかまい無しで、謝りもせずに去っていきます。

自分にもこういう部分があるかもしれません。彼らを反面教師とし、自分も気持ちを引き締めて行動しないといけないなと感じました。

運動会は楽しく、子供も楽しそうでした。僕もパン食い競走に参加したのですが、一番にゴールした姿を見た娘が、近くに座っている子供に「私のお父さんが一番だよ!」って自慢してたそうです。

|

« 永住許可申請 | トップページ | 僕の絵空事 : 輪廻転生と天国と地獄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/6307576

この記事へのトラックバック一覧です: 幼稚園の運動会:

« 永住許可申請 | トップページ | 僕の絵空事 : 輪廻転生と天国と地獄 »