« かみさんの眼鏡壊しちゃった | トップページ | え、買わないよ。見てるだけだもん。 »

2005/09/26

Final Fantasy VII Advent Children

ゲームではなく、1時間半の映像作品として発売されているものです。
ファイナルファンタジーと言えば、説明もいらないほど有名ですが、数年前に制作された映画は「なんで?」という題材で、大変な損害を出してしまったそうです。
これは、ファイナルファンタジーVIIの続編なので、ファンの人たちにも受け入られやすいのではないでしょうか。

では早速、役に立たないレビュー記事を書きます。今までのレビューとは違い、まだ発売後1ヶ月も経過していないので、ネタバレにならないよう注意します。

まず、グラフィックですが、綺麗でした。最近のFFに登場するゲーム中のムービー画面だけで構成されているようなものと言えばある程度の想像はできると思います。キャラクターの動きも、CGという特徴がよく生かされていて、スピード感のある映像に「わくわく」してしまいました。
惜しまれるのは、各キャラクターの顔がほとんど一緒で、髪型と服装での区別程度であったのが残念。でも、これは日本のアニメーション全般に言える事なので、大きな問題ではないかも。僕が期待し過ぎなだけです。

次にストーリーですが、前作を覚えていないとつらいです。前作から何年も経過しているため、僕には誰が誰だかわかりませんでした。意味深な台詞が多い割に、場面展開に脈絡がなく、重要だと思われるポイントがよく見えないまま進んで行って、なんだか安っぽく感じられました。これは「もう一度、前作をやりなさい」という事なのかな。
ちなみにゲームの画面をつなぎ合わせたダイジェストも中に入っているのですが、僕は作品を見てからこれに気がつきました。後で見たのですが、やっぱり忘れすぎてて、なんだったかよく思い出せない...

最後に声ですが、絵と声質は合っているように思いましたが、口と言葉のずれが気になりました。絵がカートゥーンアニメーションより緻密な分、もっと微妙な時間調整をしたほうが良かったのではないかなと思います。

総評として、本作は万人受けするとは思えないけど、次に期待できる作品です。グラフィックはよく出来ているので、今度は脚本をしっかり練って、また新しい作品を作ってもらいたいと願うと同時に、次も是非購入したいと思います。
FFが好きなら購入する価値ありです。ちなみに僕はシリーズ中II,III,IV,V,VI,VIIをやったことがあるのですが、VIIはPC用に販売された英語版でした。

|

« かみさんの眼鏡壊しちゃった | トップページ | え、買わないよ。見てるだけだもん。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/6138550

この記事へのトラックバック一覧です: Final Fantasy VII Advent Children:

« かみさんの眼鏡壊しちゃった | トップページ | え、買わないよ。見てるだけだもん。 »