« ボリショイサーカス | トップページ | プロジェクト管理 Project Board »

2005/08/16

人の意見を聞く時は、まず否定しないよう心がける

僕は、人から助言やアドバイスをもらった時に、まず否定的な返答をする癖があります。
経験上からだめだと思ったもの、今の実力からは実現できないもの様々と助言も様々ですが、僕はほとんどの場合においてこれらを否定してしきました。

世の中にはブレーンストーミングと言われる会議手法があるようです。
これは、何かを検討する会議の初期段階に、様々な意見を収集するための手法で、出された意見に対して、一切否定的なコメントをしてはいけないと言うルールがあります。そして、一通り意見が出そろったところで、それらの意見をグループ分けし、実現可能な順に優先度を決め、様々な意思決定の材料にすることができます。

この話を聞いてから、意見を聞き、それが実現可能か否かを即決するのではなく、ある程度の量を収集した後で選別するというのはとても重要だと思うようになりました。

ガントチャートforExcelの開発において、様々な意見を寄せられる中には、「正直どうやって実現していいのかさっぱりわからない事」や「まったくもって実現する事に価値を見いだせない事」と思われることが多々あります。しかし、それらは自分の実力や経験から判断するものに過ぎず、直感的な判断では主観的な物の見方しかできないため、全てを否定したい気分に駆られるだけした。その後、他の意見と組み合わせた時、どうしても実現すべき内容や実現する手順のヒントを見出す事がほとんどであると痛感させられました。

ある会社では、上司の考えと一致しない提案は全て否定されます。その否定内容も「周知の事実だが、やる人がいない」とか「わからない」、「理解できない」というものばかりで、やる人がいないならやる人を見つけるとか、わからないから勉強するとか、理解できないのでもう少し詳しく説明するようになどという前向きな回答は一切無いそうです。

もし、僕が同じようなことを続けていたらガントチャートforExcelの開発はとうの昔に終わっていたでしょう。そう考えると、今の日本の経済状況の中で、この会社はいつまで存続できるのでしょうか。

自分と違う意見を聞いてみる事は難しいかもしれません、でも、必要な事です。

|

« ボリショイサーカス | トップページ | プロジェクト管理 Project Board »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/5493558

この記事へのトラックバック一覧です: 人の意見を聞く時は、まず否定しないよう心がける:

« ボリショイサーカス | トップページ | プロジェクト管理 Project Board »