« 堕ちるところまで堕ちる | トップページ | 楽をするために努力する »

2005/08/31

不安の連鎖

最近、ネガティブな思考に囚われ、憂鬱な日々を送っていると書き続けてますが、未だにその状況から脱出できない状態が続いています。
普段、能天気で考えなしで「いざとなれば何とかなる」という気楽な考えで行動する事が多いので、こうした「杞憂の嵐」に巻き込まれると、いつまでも抜け出せない自分に今気がつきました。

自分が鬱病になるなど考えもしなかったのですが、このような状況が続けば、もしかすると鬱病になるかもしれないと、また不安の種がひとつ増えてきます。また、災いというのは人がつらい時や幸せの絶頂にいる時など、一番悪いタイミングでやってくるようで、身の回りでいろいろと不幸な事も重なっています。周囲の人に言わせると、「そんな気がするだけ」らしいのですが、今の僕は慰め以上のものとして受け取れなくなっています。

不思議なのですが、こんな時、自分の一番強いと思っている部分が、一番の弱点にも見えてきたりします。

何年かに1度、こういう大きな波が来て、押しつぶされそうになるのですが、いつも時間が解決してくれていました。自然と、能天気な自分に戻って、「何とかなるさ」でやってこれたのですが、今回はいつもより重そうです。
あまり気にしてないつもりだったけど、家族が増えたという事は、それだけ責任が増え、心の負担が重くなっているのかなと自己分析したりしています。

今、抱えているリスクを少しでも減らし、問題を一つ一つ解決するしかないと思っています。押しつぶされるか、押しのけられるか、大きな分かれ目のような気もします。

|

« 堕ちるところまで堕ちる | トップページ | 楽をするために努力する »

コメント

私と似ていて驚きました。同じような悩みや不安を抱えている人は多いのかなぁ、とも思ったりしました。

投稿: tonton | 2005/09/01 00:16

抱えている問題によって対処の仕方は違うのでしょうが他人から見たら、ちっぽけな事でも重なると情緒不安定に為る時があります。私はそんな時、テンションの高い人・幸せそうな人と話をすると、ますます自分が惨めに思えたりします。もがけばもがくほど、頑張れば頑張るほど自分を責める結果にも繋がってしまいます。今抱えている問題は本当に自分が努力したら解決・改善される問題なのかを自問し、無理だと自答し言い聞かせます。これ以上自分の心がボロボロに成るのが怖いので逃げる様にしています。
そして、反論せず話を聞いてくれる人を頼りに愚痴として話を聞いて貰います。ここで、涙が出ればその晩はすっきり寝られます。
出なくても、理解者がいることに安心し翌日から少し楽になります。この方法は自分を成長させる為には間違っているのも分かってますが、どん底の時そんな事を考える余裕は無くなってますから・・・1つ1つ解決する事も必要ですが、精神状態が駄目になる前に逃げる事も必要では・・・

投稿: 0306 | 2005/09/01 11:05

tontonさん、コメントありがとうございます。
同じような悩みをお抱えとのことですが、一緒に頑張っていきましょう。こうして、ブログにコメントをいただけると、なんだかうれしくなって、元気が少し戻ったような気がします。

0306さん、コメントありがとうございます。
0306さんはいつも元気そうですが、やっぱり誰でも悩む時期はあるんですね。僕は理論と知識で武装して、ある程度の構えができているぶん、それより大きな問題がやってきたり、失敗で自信に穴をあけてしまった時がもろすぎるほど、もろいみたい。
まだまだご迷惑をおかけするかもしれませんが、これからもよろしくお願いします。

投稿: きむらしのぶ | 2005/09/01 21:07

私も10年に一度の割でごっついのが来ます。
それこそ、病気になりそうなくらいに悩んで
ごはんも食べられず、おととしは顎関節症になりガリガリにやせ、しまいにはしばらく仕事も続けられない状態になりました。
普段は、ポジティブでひょうひょうとしてるように
見られていますが、誰にでもそういう時期あると思います。

>精神状態が駄目になる前に逃げる事も必要では・・・

0306さんのこの考え方、私も賛成です。
体と精神が一番大切。壊れてしまってはもともこもありません。

くれぐれもご自愛くださいますよう。。。

投稿: HANA | 2005/09/01 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/5724494

この記事へのトラックバック一覧です: 不安の連鎖:

« 堕ちるところまで堕ちる | トップページ | 楽をするために努力する »