« お引っ越し | トップページ | 人の意見を聞く時は、まず否定しないよう心がける »

2005/08/13

ボリショイサーカス

福井にある、サンドーム福井という施設でロシアの「国立ボリショイサーカス」の公演があったので、行ってきました。夏休み前に、娘の幼稚園から、県内の幼児を対象に早期申し込み割引の案内がありました。その申込書を見ながら、子供が「行きたい」と毎日言っているので、申し込んだものです。

思えば、僕自身サーカスなんて子供の頃にやっていたテレビで見た程度の記憶しかなく、本物のサーカスを見るのは楽しみでした。(昔はサーカスとか雑技団の番組がけっこうあったような気がするのですが、最近はめっきり見なくなりました)

お客さんは座席に対して、2/3くらいでそれほど混雑していると言う感じはなかったです。僕らの席は中央の最上段で、ステージを見下ろしていたので、見やすい事は見やすかったのですが、目の悪い僕にはちょっと遠すぎた感じです。

まず、ステージ上でムーンサルトや空中5〜6回転の妙技から始まって、子供も僕も目を輝かせて見てました。次に女性が輪に座った状態で10m近くつり上げられ、柔らかな音楽とともにぶら下がる姿勢を変えながら、優雅な演技をしていました。子供が「何でこんなことしてるの?」という顔をしているのが、印象的でした。

次が猫を使ったショー。缶を押して回ったり、立てた棒に上って、それを人が持って横にすると、するすると棒の左右を行ったり来たりしてました。子供から出た言葉は、「あの猫さん、頭いいねぇ」。
それから、ピエロが登場。お客さんを連れ出して、何かする予定だったようですが、全員拒否。時間が無くなって、そのまま別の芸をするという一幕がありました。こういうのって結構失敗するものなのでしょうか。なんだかのりの悪いお客さんたちに、「楽しめよ!」とかって言いたい気分です。

次は、太鼓や木琴などの打楽器をボールを使ったジャグリングしながら演奏するというものでした。8個近いボールがくるくると回る様子を見ていると、なんだか不思議な感じになってきます。
前半の最後はマジックでした。四角い箱に2人の女性が入って串刺しにするもの、女性が入った箱に火のついた刃を横切らせるもので、定番なのですが、実演を見た事がなかった僕には何をどうしているのだか、さっぱりわかりませんでした。後ろの座席に座っていた子供が興奮して、「あれは○○してるんだ」とか「これは○○だ」とか大騒ぎしているのを鎮めようようとした親が、「それは、○○だからできないでしょう」とか同じくらい大きな声で反論しているのが、うっとうしくてしょうがなかった。

後半の1番最初は空中ブランコ。人が空中をほいほい飛んでいくのはすばらしい。ただ、惜しむらくは正面にあった照明が、ずっと僕らの座席に向けられていたので、逆光がきつすぎてほとんど何も見えなかったこと...娘に「見えなぁい」と言われ続けも、何もできない...
またまた、ピエロの登場。さっきの反省をもとに今度はあらかじめサクラを依頼していたのか、いとも簡単に観客をゲット。音楽に合わせて、クラクションを鳴らす遊びをしていました。
ここから動物がメインになった演目が続きます。まず、熊が登場。ひょこひょこと2本足で歩く様がとてもかわいらしいのですが、あまりに賢い所作に「人が中に入ってるんじゃないのか?」と疑ってしまいました。
次が犬。2色のかごに2色の棒を色分けしながら入れていくという演技があったのですが、色を間違えて入れたり、まだ残っているのに下がろうとしたり、なんだか失敗続きが逆に小気味好く感じてしまいました。

またまたピエロの登場。他に数人が出てきて、逆立ちや片手立ちなどを披露しながら、子供を手の上で逆立ちさせ、1回転させるなどの演技を披露。

最後が馬を使った演技で、ステージをくるくる走りながら騎手が降りたり乗ったりを繰り返していました。これだけでは何だかよく伝わらないと思うのですが、ロード・オブ・ザ・リングのエルフが敵の馬にさっと飛び乗るシーンを再現していたという感じでした。馬の腹に回ったり、足でぶら下がって床に手をつけたりと、「もし落ちたら...」と恐ろしい場面を想像してしまいました。

サーカスの感想は「楽しかった」です。子供も概ね喜んでくれたようですが、2時間の公演は長かったようで、後半の途中から下の子は寝てしまいました。上の子もイスにもたれかかって、ちょっとつまらなさそうだったのが残念。

しかし、周囲の子供には不愉快な気分にさせられた。サーカスの声援の代わりにと光るスティックを販売していたのですが、だれた子供がそれを振り回たものが何度も僕に当たるし、横の座席の子供は僕の目に光を当てて喜んでいるし、後ろの子は「つまらない」と言いながら僕の座席を蹴り続けていた。子供の上の座席では、ポップコーンを取り合い兄弟喧嘩が始まるし...行儀の悪い事甚だしい。
その子達の親は見てみぬふりか、注意しても聞かない子供を放置していた。我が子も制御できないなんて、いったいどうなっているのか...深刻な日本の教育状況を目の当たりにした気がします。

|

« お引っ越し | トップページ | 人の意見を聞く時は、まず否定しないよう心がける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/5457483

この記事へのトラックバック一覧です: ボリショイサーカス:

« お引っ越し | トップページ | 人の意見を聞く時は、まず否定しないよう心がける »