« 分隔てなく与えるという教え | トップページ | イノセンス »

2005/06/10

全滅

先月、飼っている金魚が1匹死んでしまいましたが、残りの2匹も調子が悪かった。病気になったので、ホームセンターへ薬を買いに行ったり、フィルターを交換したりと八方手を尽くしたのですが、今日全滅してしまいました。

火曜日に2匹目が天に召され、今朝非常に調子の悪かった3匹目が作り物の水草に絡まって静かな最後を迎えてしまいました。
たった1年間とは言え、餌やりは僕の仕事で水の交換もまめにしていたので、とても残念です。

最近、上の娘が幼稚園の友達を連れてくることが多くなり、水槽を「ガンガン!」と叩いたり大量に餌を投与したりして、ストレスも多かっただろうと推測されます。季節の変わり目で、体力も弱っていただろうにかわいそうな事をしてしまいました。
子供に命の大切さを教えようと、子供の部屋に水槽を移したのがそもそもの間違いだったのかもしれません。直接の原因ではないにせよ、死ぬ様な状況を作ってしまったのは否めません。

水槽や餌、薬など多くのモノが残ってしまいました。
この経験やモノを無駄にしないためにも、今年の夏にまた何匹か調達して育てたいと思います。聞く所によると金魚は30年近く生きるそうです。今度は、天命を全うし大往生させてあげたい。

|

« 分隔てなく与えるという教え | トップページ | イノセンス »

コメント

水槽やらポンプやらを必死に探して買って帰った後も家で、石を洗ったり水槽洗ったり水道水を干したり、一生懸命頑張ってたのにねぇ。

地震が起きても家族が無事なら、金魚大丈夫かな?!といって走って水槽の前で眺めてたくらい大好きだったのにね。

物言わぬ金魚でもいなくなると寂しいもんなんだね

投稿: さなえ | 2005/06/11 12:51

生き物に愛着がわくのは仕方がないよ。
餌だって毎日あげてると、近づいただけで水面に顔を出すようになるんだから、「愛い奴よのぉ」と悪代官みたいな台詞がついつい口から出てしまう。

さなえも何か飼ってみるとわかると思うよ。

投稿: きむらしのぶ | 2005/06/12 07:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/4500417

この記事へのトラックバック一覧です: 全滅:

« 分隔てなく与えるという教え | トップページ | イノセンス »