« 中古PC募集!! その後 | トップページ | 衛星デジタル放送 »

2005/05/06

良いか悪いかを自分で判断した後

連日報道されているJRの脱線事故に対する対応や社員の姿勢について考えると、これはこの会社特有のものというより日本の多くの企業でも共通する問題のような気がする。

自分の会社でもよく見られるのだが、「人の仕事は人の仕事」という担当以外の仕事に関する無関心さが目立つ。ちょっと担当以外の仕事を手伝って、自分が関係した何かの不具合が起こると「余計な事に手を出すな」と叱責される。失敗した事に対し注意を受けるのではなく、手伝った事自体が悪いという判断をする人が多いのである。人が困っていれば手伝い、悩んでいたら一緒に考えるのが当然だと思うのだが、本当に今の社会でそれが当然の事として認識されていないのは日々感じるところである。

社内にコンプライアンス制度というのがあり、遵法をモットーとして違法な行為を見つけたら報告をするようになっている。そこで、自社に蔓延しているある不正を上司と議論した際に返ってきた言葉は、「他人は他人。自分は不正をしないように気をつけろ」というものだった。悪い事をしていても、蔓延しすぎていてそれが悪い事だと判断できない体質が既に出来上がっている証拠である。

結局、自分でしなくてはならないことを判断しても、正しい行動をする前にしなくてはならないことが多すぎるのである。しかも、正しいことをしようとして失敗すると、全責任を押し付けられる。これほどのハイリスクを押してまで行動する人間とそうでない人間のどちらがより多数派であるかと問う時、「行動する人」と答える人は皆無でしょう。そうして、行動しないうちに無気力・無関心人間が増えていくのである。

今回はJRだっただけなのだ。
日本のほとんどの大企業は兜の緒を締め直して改革を始めないと、次は自分の会社から大事故を引き起こしてしまう可能性を持っていると思った方がいい。

|

« 中古PC募集!! その後 | トップページ | 衛星デジタル放送 »

コメント

同じ意見です。
どこの会社にも、JRのような風土があります。こういった事故の時に、自社の社風を省みて、反省しなければならないと思うのですが、事故自体が他人事のような感覚が我慢できません。かといって、自分も反省すべきところが多いので、注意しなければならないと思っています。

投稿: ichiro | 2005/05/06 12:43

事故や不具合などの問題がなく仕事が進んでいるときには、それほど問題は表面化しないものです。そこで、必要になるのは表面化していない状態で、潜在する問題を見つけ出し、それに対処する能力ではないでしょうか。

JRの事故を見て、「あの会社はひどいねぇ」と言うだけで終っている人達は、そのうち同じ状況に陥る可能性を秘めているのだと思います。困るのは、そういう人が会社にいて、更に上司だったり、自分の手の届かない部署の人だったりすることです。平社員では、事故で大量に人が死んでいるときに、飲み会に行かないよう指導できないですよね。

お願いします、社長さん。うちの会社も問題が多いですよ。

投稿: きむらしのぶ | 2005/05/06 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/4003223

この記事へのトラックバック一覧です: 良いか悪いかを自分で判断した後:

« 中古PC募集!! その後 | トップページ | 衛星デジタル放送 »