« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月の18件の記事

2005/05/30

八百長裁判

最近ニュースを賑わす裁判の行方を見ていて、なんだかみんな仕組まれているように見えてきます。

青色発光ダイオードの特許についての裁判では、一審では企業側が勝ち、控訴されて原告側が勝ち、最高裁で争っても原告側が負けるよと言われ、減額された和解金にて和解している。
「もんじゅ」の裁判でも、一審では国が勝ち、控訴されて原告側が勝ち、最高裁では国が勝っている。

裁判では最後に勝った方が勝ちなんだろうけど、どうして最後に勝つときは完全勝利が多いのだろうかと疑問になる。二審で、原告側が勝訴するほどの理由が認められながら、それを完全に覆して勝つと言うのは変じゃない?二審は大間違いなのか?そんな判断をするようなのが、裁判官として任官されているの?
そういう疑問を持ってると、これは「八百長なんだ」というように見えてくる。

とりあえず、訴訟が起きたらお金を持っている方が最初に勝つ。でも控訴してきたら一度勝たせて花を持たせ、ぬか喜びしていることで叩きつぶすようなシナリオができているのではなかろうか。
日本の民主主義は、「大多数もしくは権力者が幸せになればいいので、少数の意見は切り捨てる」というただの多数決主義だからこんな裁判が成り立つのでしょう。

特許に貢献した人に莫大な利益を与える判例が出ると困る人が増えるから、そういう判例は出さない。
地場産業の無い地域にお金を落としてくれる事業を止めると困る人が増えるから、そういう判例は出さない。

裁判官って技術的な内容をどれほど理解して判断してるんでしょうか。
技術的な内容ばかりではなく、歴史的な見地からも物事を判断できているのか疑問を感じます。
そうでないなら、こんなに判決内容が覆らないはずと思うのは僕だけかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/28

ここは東京と同じ番組が見れるんだよ

茨城県に住んでいた時、自動車教習所で一緒になった数浪している親のすねかじり野郎に言われた一言です。
更に彼は、続けて「修学旅行で行ったある県では、夕方に"わらっていいとも"がしてたんだよ。信じられない」と言いました。

茨城県には民放局がありませんので、ニュースを見ても全国版規模の事件でないと茨城の名前が出る事はまずありません。彼があざ笑った地域では、地元の情報を流すニュース番組があります。
稚拙ながらも地域の話題を広める文化的活動が行われているのです。

この発言を聞いて思ったのですが、「どこか他と一緒」とか「誰かと同じ」ということを誇るというのは悲しいことではないでしょうか。

テレビの番組が東京と同じって...自分が努力してそうなった訳ではなくて、生まれた場所がそうだっただけでしょ?それってそんなにすばらしいことなの?

世の中には、大金をはたいて「誰々の身につけているのと同じ服」とか「誰々が愛用しているのと同じ何々」を一生懸命買いあさる輩もいます。それって、そんなにすごい事なの?

子供の頃、よく「皆できるのになぜお前はできないんだ」という怒り方を耳にしました。
でも、それって変じゃない?
じゃぁ、僕のできることを皆ができるの?

小学生の頃、給食を他の人と同じ様に時間内に食べる事ができない生徒がいると、先生達はその子の給食を残して片付けを始めます。僕の学校では、給食の後が掃除の時間だったのですが、食べ終わるまで椅子に座らせられていました。
他の人と同じように食事を済ませることも大切かもしれない。でも、まわりで掃除を始めて、埃だらけの中で食事をさせるのは非常識だ。小学校の先生達は、「他人と同じがすばらしい」と教える事と「常識」を教える事でどちらを優先すべきかわからないのだろう。

こうして、「他人と同じがすばらしい」と教えられた人が社会人になり、他人と違うアイディアを持って新しい事を始めようとする人を蔑み、邪魔しているのが今の日本の社会である。
こんな社会だからこそ、新しいアイディアで成功した人達は一般的にものすごい実力の持ち主なんだと思う。

でも、普通の人も画期的なアイディアを持っている事があるのです。
自分がアイディアを出せないのなら、他人の邪魔をするのではなく、きちんと客観的に評価してアイディアを活かす努力をしていくべきではないでしょうか。

「同じでない」というのは、悪い事ではありません。むしろ、宝物かもしれません。
そういう目を育てる教育が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/25

Shade7.5 Basic

先日、オンラインで購入しました。
僕はWindows版のShade Debuetを約10年前に購入してからずっと3D CGの作成にShadeを使ってきました。その何年か後にShade Debuet PlusへのアップデータをYahooオークションで購入し、いくつかアニメーションも作ってみたりしてました。
3年前にダイレクトメールで「Shade Debut PlusからのバージョンアップはShade6以降できないので、最後のチャンスです」というアナウンスがあったので、Shade6 Advanceにバージョンアップして使ってました。

最近はMacを使う事が多くなったので、ShadeのためにWindowsを起動するのはなかなか面倒になってしまい、あまり使わなくなっていたのですが、Shade8が出るという広告メールに「5月20日以降にShade7.5を買えば無償でShade8にアップデートできる」書いてありました。
ということで、Macで簡単なモデリングをするためにShade7.5Basicを購入することにしました。
Shade7.5で多少インターフェースが変わっててちょっと馴染むのには時間がかかりそうですが、基本は同じなので多分時間の問題だと思います。

しかし、問題が一つ。
無償アップデートには「無償アップデート」用のシールか購入した日付のわかるレシートが必要とのこと。でも、届いた商品にはシールがなく、オンラインで購入したので個人情報がばっちり記載された納品書しか手元にない...これを送ろうか、それともあきらめるか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/24

挨拶

皆さん、挨拶できますか?
僕の周りには、挨拶できない人がいっぱいいます。最近では、挨拶しない方が普通みたいですね。聞いた話では、朝起きてから父母に「おはよう」と言わない人もいるとか...
僕の育った環境では挨拶するのは当然だったし、親や学校で挨拶する様にしつこく教えられたものです。

朝出会っても何も言わない。
別れるときも何も言わない。
何かしてもらっても、何も言わない。
それで、自分も人に何もしてあげないか、してあげたらそれをいつまでも話のネタにする。

人とのふれあいも、武道と同じく「礼に始まって、礼に終わる」のではないでしょうか。
「嫌いだから」とか「挨拶しにくいから」というのは理由になりません。ましてや、相手が挨拶をしているのに無視して横を通り過ぎようなことをするのは非常識極まりないと思います。
でも、そういう人多いんですよね。

挨拶が大切だという事は教わらないんだろうか?
挨拶しないと、喧嘩をした後にわだかまりが消えるきっかけを作る事もできない。
朝、昼、夜に挨拶をすることでお互いの調子を見あい、困ってる雰囲気なら「何かあったのか?」と声をかけることもできるでしょう。気まずい雰囲気になっても、普段から挨拶していれば何か一声交わす事ができて、嫌な気分が終わるきっかけにもなるものです。
人は一人では生きられません。普段は何もしないのに、困った時には助けてもらえるような都合のいい世の中でもありません。

また、地位が上がると傲慢になりがちですが、古い言葉に「実るほど頭を垂れる稲穂かな」というのがあります。
挨拶は自然と相手に頭を下げる事ができるようになる良い訓練です。

まず、朝起きたら家族に「おはよう」と言いましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/22

愛すると言うこと

何でも相手にとって心地良いことだけをしてあげることが「愛」だと思いますか?

子供は怒られることが重要です。親は怒りたくて怒るわけではなく、同じ過ちを繰り返していては子供がかわいそうだと考えるから怒る事が多いと思います。怒られたことの無い子供が大きくなって身勝手な事件を起こす事は、多くの事実によって証明されています。
怒られる事は子供にとって心地よい事ではありませんが、親は子供を愛しているから怒ります。

ところが最近そうでもないようです。小さな頃は我がままを言っても全部聞いてあげて子供に好き勝手なことをさせておいて、大きくなって手がつけられなくなるとそのまま放置する人や、子供のためではなく自分の身勝手で怒る人が多いようです。

それは愛し方がわからないからで、自分自身でさえも愛せないのです。
もし、自分を愛しているなら、日々をただ無為に過ごすことを望まないはずですし、過ちを人のせいにして自分に言い訳することもないはずです。自分を大切だと思うなら、自分を少しでも向上させ正しい道へ導く努力をするでしょう。勉強や運動は、楽しい事ばかりではありませんし、どちらかと言うと苦しい事の方が多いですが、しないよりした方が良い事は誰でも知っています。

時には、望む事を何でもしてあげる愛もあります。しかし、それが全てではありません。
愛する対象の事を心から想い、その人にとって一番良いことを考えて行動することが愛なのです。一番良い事を考えるためには、知識も必要です。愛するためには自分自身の努力も必要になってきます。

休日にTVやパチンコで時間を浪費している人はいませんか?
何か始めようとして、そのまま放置しいている人はいませんか?
まず、自分自身を愛する努力から始めてみましょう。

と言うことで、僕も買うだけ買って本棚に眠っている参考書でも紐解くかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/20

訃報その後のその後

先日、なんとか生存していた残りの2匹も調子が悪い。季節の変わり目で、ただでさえ弱っている時期の事件だったため、病気になってしまったようです。体が白っぽくなるという金魚には一般的な病気なので、早速近所のホームセンターで薬を購入し投薬しておきました。

しかし、1匹は異常に元気が無く、もう1匹はぴくぴくと体を動かしながら異常に興奮したような動き方をしていて、見るからにもうだめそう。なんだか「去年から続いている不幸がまだ終わってないのか...」なんて、悲観的な考えばかりが頭をよぎります。

ついでに半年間掃除してこなかったフィルターを掃除し、ろ過材を交換してみました。掃除してみて「これは病気になってもおかしくない」と思うほど汚れていました。もしかすると、先日の事件は餌だけが原因でないかも...とにかく、せっかく1年近く一緒に生活(?)してきたんだから、何とかこのピンチを乗り越えたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/18

訃報その後

先日発生した殺魚事件にて、下の子は深く反省していたように見えたのですが、実はそうではなかったらしい。
子供部屋で遊んでいる時、いきなり「金魚さん1匹いなくなったもんね、うれしいね」と笑いながら言ってきました。
「何がうれしいの!」って強めの口調で言うと、また悲しそうな顔をしはじめました。結局、金魚が死んだことを反省していたのではなく、怒られているから悲しそうな顔をして涙を流していただけだったみたい...命の大切さみたいなものを伝えたかったんだけど、全然伝わってないようです。
2歳というのは、まだそういうことを理解するにははやすぎるのかな。

ちなみに4歳の娘はよく理解していて、映画などを見ている時に人や動物が死ぬシーンを見て涙を流すことがあります。いつ頃に理解し始めるのかわからないけど、残りの2匹は無駄死にしないようよく見張っとく必要がありそう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/05/17

基本情報処理技術者

会社で一緒にサーバーの構築をしている同僚が、先月受験して取得しました。
別にこの資格を持っているから良くて、持ってないと悪いと言うことはないけれど、資格取得に向けた勉強をするということは悪いことではないと思います。

僕達の本当の仕事は機械のオペレーターで、サーバーの構築等は仕事の道具としてPHPやJavaでプログラムを作成しています。別に会社に有識者がいるわけでもなく、その知識のほとんどは独学であり、どうしても独りよがりな部分や不適切な機能を作成してしまうことが多くなってしまいます。そういうことを少しでも減らし、定石を学ぶためにも資格取得に向けた勉強というのはとてもためになります。
仕事の分野が違うため、まわりに情報系の資格を持っている人はほとんどおらず、基本情報処理技術者を持っているだけでもそれなりに評価されたりしてしまう職場だったりするが、お互いに今後も継続して技術の向上に努めていけると良いなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/16

無駄遣い

そろそろ、かみさんのお腹が大きくなってきたので、家事をしている姿はとても大変そうである。だからといって、僕が何かをしたら役に立つと言うわけでもないので、可能な限り子供の面倒を見ることで助けているつもりになっている今日この頃。
そういうこともあって、最近外食が多い。

パスタなんて家で作れば、材料費は5人で500円かからないのに、外で食べると3000円以上かかってしまう。
焼き肉だって外で食べると、あっという間に8000円程度なくなってしまう。これは家で食べてもそれなりにするが、それでもうちは5000円を超える量の肉を食べるような家庭ではない。

何か作ってと頼まれても、僕ができるのはラーメンかそば、そうめんにおにぎり程度しかない。ということで、「今日はちょっと、ご飯作るのつらい」と言われれば、また外食になってしまう。

「明日のために〜」などというタイトルで大言壮語を繰り返すブログの作者は、偉そうなこと言いながら料理や家事にはその情熱を一切傾けないのである。
これから第3子の出産にあたり、多額の出費が予想される状態でこれ以上無駄遣いをしててはいかんなと反省する今日この頃。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/05/14

世界がめちゃくちゃ

去年から始まった米国によるイラク侵略以降、世界の情勢が不安定。
悪の枢軸が五十歩百歩の国を悪の枢軸と呼ぶ中で、滅亡後に理不尽な復活を経た国がそこに住んでた人達を虐殺し、他の国では政府の言う事を聞かない国民をよくわからない名目で銃撃している。
数少ない社会主義国家では、政府の腐敗から国民の目をそらすために、必要以上に他の国の文句を言って国民を煽動しながら自国民を利用し、またその国民はその事実に気がつかない。

テロを起こす人達はもちろん悪いけど、テロを起こされた人達は原因を考えるべきでしょう。JRの事故だって、運転手より組織がもっと悪いというのが大局的な判断なのだから、9.11の事件だって米国側の原因を探す事の方が重要だったんだ。
それなのに、十字軍だのなんだのって歴史的に悪いことの方が多かった事例を挙げて侵略に賛成たりして。結果ガソリンの値上がりは留まるところを知らない上に、助けられたはずの国民達は助けてくれたヒーロー達に誤爆されている。

北朝鮮民主主義人民共和国にしたって、核を使ったら駒がなくなって後はつぶされるだけだから核を実際に使う事はあり得ないという評論をする人がいるけど、その人に言いたい。北朝鮮人民民主主義共和国って常識が通じるの?小学生の喧嘩みたいなやり取りを国と国の交渉中にやってるような国が、小学生みたいに後先考えない行動をすることはないのですか?
安心できる材料なんて何も無いじゃないですか。

各国政府の関係者達は、自分の子達が安心して生活できる未来が来るように努力しているのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/13

訃報

本日20:30頃、敦賀市在住の金魚1匹(11ヶ月)が他殺体で発見されました。遺体の状況から、死因は「過食」と推測されます。
長女(4)が父親(30)に「お父さん、水槽にたくさん餌が残ってるよ」と言ったので、水槽を確認した父親が金魚の死亡を確認しました。発見者の長女の証言によると、今朝、次女(2)が金魚の水槽に餌を与えようとしているのを目撃しており、大量の餌を与えないよう注意したとのことです。発見現場の水槽内には大量の餌が浮かんでおり、次女が注意されたにも関わらず大量の餌を投与したことが死亡につながる直接の原因と見られています。

容疑者の次女を尋問したところ、長女の証言と一致する内容の自白を行なっている事から、次女は厳重注意を受け、「もうしません」と目に涙をにじませていました。そして、今後、食前に「金魚さん、ごめんなさい」と言うことを約束し、釈放されました。

遺体は、残った餌と共に水槽から運び出され、隣の空き地に埋葬されました。
亡くなられた金魚さんの冥福をお祈りいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

人を責める

人の間違いを厳しく責める人がいます。その責め方も「阿呆」や「馬鹿」という言葉を交えて、罵るものです。
普段から小さなことも、大きなことも同じ程度で責めていると、そのうち周囲は怒られることに慣れてしまいます。結果、ひどい間違いや危険なことを注意されているにも関わらずそれを過小判断してしまい、大きな災害を招く結果になるというのもあるでしょう。

また、文句ばかり言う生活に慣れると、何かあった時にまず文句を言う癖がつきます。
そのうち、普段から相手の事を馬鹿にしているために、自分が間違った時に謝る事もできなくなってしまいます。

誰のせいと言う訳でもなく、何か機械の不具合が発生したとします。上司が上記のような人であった場合でも、仕方ないので報告します。そして上司はその報告の内容を聞いて、挙げ足をとるように報告した内容について文句を言い続けます。
そして、その文句を言う中で言動に間違いがあり、誤った指示をしてしまったとします。
誤った指示に従って、問題が起きれば「俺はそんな事言ってない」とか「そんなのやってれば気づくだろう」と言い、従わなくて良い結果がでれば「最初に言った通りだろう」とか自分の意見であったかのごとく振る舞う。
責められた側は、そういう上司に対しどのような行動をとるか想像できませんか?
そのうち報告なんかされなくなりますよ。そしたら、「報告しない方が悪い」と言うのですか?
危機管理能力の欠如している上司は悪くないと言えますか?

子供の頃、「馬鹿って言う人が馬鹿だ」と教えられました。
その通りかもしれません。
自分も失敗する事があるのですし、人の間違いは個人的な要因で発生するものばかりではありません。そう言うことを判断しないで、人を罵倒する行為は愚かです。自分が判断できないことがあれば相手とよく話をして、お互いを理解するというのが大事ですよね。

責めるのはその次でいいでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/11

TVに病み付き

元来、TVは好きなのですが、GW前まで4チャンネルしか見れなかったので、特にTVを見ない日々が続いていました。しかし、GW中に設置した衛星デジタル放送のせいでこの生活が一変。
今では毎夜遅くまでTVにかじりつく日々を送っています。
おかげで、とても眠たい。しかも、その他もろもろのことが一切進まない...

かみさんにも「寝なさい」と怒られるのですが、なかなかTVのスイッチを消す事ができない...自分でもこうなるのがわかってたので、ある程度遠ざけていたのですがついつい魔が差してしまいました。
最近の子供達が外へ出て遊ばないのは、無理も無いと思ってしまいます。大人でもはまってしまう物から子供が逃れるのはもっと難しいですよね。
うちでは子供にゲームをさせないよう、最近のゲーム機は一切買っていません。おかげであまりゲームに興味を示さないのですが、代わりに映画が大好きです。これは僕たち両親が映画好きで、DVDを集めているためです。
やっぱ環境って大事ですね。

さて、僕もそろそろ子供の殻を破って、大人にならないとだめですね。頑張ろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/10

うさぎとかめ

先日子供のために絵本を買いました。そのなかに「うさぎとかめ」があり、子供に読み聞かせながら「深いなぁ」と改めて感心しました。
あなたはどっちですか?うさぎ、それともかめ?

ただ、ふと考えると、世間にはうさぎでもなく、かめでもない人がいます。始めに頑張って追い抜かれるのでもなく、こつこつ頑張るわけでもなく、始めない人達です。
うさぎならば、もう少し早く起きれば何とかなるかもしれないし、その勝負に負けても次があります。ですが、始めない人には追いつく事はできません。

今朝の新聞にトヨタの会長のコメントがありました。「日本人は何かが起きないと動かない」という一言に、その通りだと思いました。
企業の不正や事故が目立つ昨今ですが、どれも何か起きてからの対応に他なりません。考えてみて下さい、何か起きてから対応して間に合いますか?
走り出す前にスタートラインで寝ている人は早く起きましょうね。

ちなみに、近所のト○タに先月の初旬に車の修理を依頼したら、「保証の範囲なので2、3日以内に修理について電話します」と言われましたが、今まで何の連絡もありません。世界トップクラスの企業は末端で働く社員も立派かと言うとそういうわけではないようです。去年も修理のために車を預けて歩いて帰ろうとしたら「送りますよ」って言われ、待ってると修理のために預けた車で家まで送ってもらえました。僕の車の保険は家族限定です。
まだ事故は起きていません、でもこれは事故は起きないと言うことではないでしょう。トヨ○でもこうなのです、自分の会社は大丈夫なんて思っている人がいたら、その考えが間違っていることがわかりますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/09

ガントチャートforExcel rev.0.54

情けない話、Excelの限界を感じてなかなか次のアイディアが出てこなくなってきました。今ではユーザーの意見だけが、頼みの綱です。
ということで、掲示板に書き込んで頂いた内容とメールで頂いた意見をもとに機能を追加しました。

ハイパーリンクの機能を使って、複数のガントチャートforExcelと連携させながら工程表を作成できるようになりました。是非、一度試してみて下さい。

これからもより多くの人に利用して頂ければうれしく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/08

衛星デジタル放送

先日、衛星デジタル放送対応のテレビを購入したので、ついでに衛星デジタル対応のアンテナも購入してしまいました。今日、アンテナを設置して動作の確認を行なってみたところ、あまりの奇麗さにちょっと驚いています。

所有しているDVDはD2端子があるのですが、これで接続した映像より奇麗で(D4相当なので当たり前と言えば当たり前ですが...)、ついついチャンネルを回し続けてしまいました。
それから、数時間経って一通り使い方がわかってきました。

しばらく遊んでみた感想として、面白いコンテンツが無いような気がします。結局、テレビとしてしか使わないだろうと思われる。これからもっと色々なこと番組ができて、新しい事もできるようになるのだろうけど、今はまだ面白くない。この程度なら、テレビの使いにくいリモコンでピコピコするより、Webをうろうろしてた方が有益な情報が沢山ある。双方向だとか、データ放送を売りにするなら、もっと楽しいコンテンツが欲しいところです。

番組を作ってる人達に一言。「頑張って下さいね、期待してます」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/06

良いか悪いかを自分で判断した後

連日報道されているJRの脱線事故に対する対応や社員の姿勢について考えると、これはこの会社特有のものというより日本の多くの企業でも共通する問題のような気がする。

自分の会社でもよく見られるのだが、「人の仕事は人の仕事」という担当以外の仕事に関する無関心さが目立つ。ちょっと担当以外の仕事を手伝って、自分が関係した何かの不具合が起こると「余計な事に手を出すな」と叱責される。失敗した事に対し注意を受けるのではなく、手伝った事自体が悪いという判断をする人が多いのである。人が困っていれば手伝い、悩んでいたら一緒に考えるのが当然だと思うのだが、本当に今の社会でそれが当然の事として認識されていないのは日々感じるところである。

社内にコンプライアンス制度というのがあり、遵法をモットーとして違法な行為を見つけたら報告をするようになっている。そこで、自社に蔓延しているある不正を上司と議論した際に返ってきた言葉は、「他人は他人。自分は不正をしないように気をつけろ」というものだった。悪い事をしていても、蔓延しすぎていてそれが悪い事だと判断できない体質が既に出来上がっている証拠である。

結局、自分でしなくてはならないことを判断しても、正しい行動をする前にしなくてはならないことが多すぎるのである。しかも、正しいことをしようとして失敗すると、全責任を押し付けられる。これほどのハイリスクを押してまで行動する人間とそうでない人間のどちらがより多数派であるかと問う時、「行動する人」と答える人は皆無でしょう。そうして、行動しないうちに無気力・無関心人間が増えていくのである。

今回はJRだっただけなのだ。
日本のほとんどの大企業は兜の緒を締め直して改革を始めないと、次は自分の会社から大事故を引き起こしてしまう可能性を持っていると思った方がいい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/04

中古PC募集!! その後

先月から壊れたPCの代わりを募集してたのですが(...厚かましくも、ただでもらおうと企んでいました)、譲ってくださる方がおられました。

PCが本日到着し、現在OSのインストールを行なっています。
到着時、ちょっとファンの音が大きかったのとRAMが少なかったことから、ファンの交換とRAMの増設を行ないました。
現在のスペックは


CPU : Celeron 500MHz
HDD : 10GB
RAM : 192MB
DVD-ROM / 10Base-T / 56kbpsモデム

となっています。
現在ではとても静かで、ちゃきちゃき動くマシンになりました。

中古でこのマシンを検索すると1万そこそこで売られているようですが、このくらいのPCならまだまだ使い道はあるように思います。クロックが500MHzを超えていればそれなりの事はできますし、僕の主な用途であるマクロをちまちまと作る程度には丁度いいです。また、情報系の学校に進んだ学生さんとかで、お金に余裕がないからPCを持ってないなんて人も見かけますが、こういう方にも良いのではないでしょうか。

新しくてハイスペックなものを使わないとできないことがあるのはわかりますが、そういう使い方を全ての人がするとは思えません。是非、こういうマシンを捨てようと考えている方はご一報下さい。
僕の周りには、家庭の事情で勉強に遅れをとってしまう学生が何人かいます。学校からパソコンを使ってやる宿題を出されても、パソコンを持ってなくて宿題ができず、他の人の家や学校で宿題をする人がいるのです。今回、中古とは言え使えるPCを譲って頂いて、こういう人達により多くのチャンスを与えたいという思いが生まれました。僕も貧乏なので、多くの援助はできませんが、捨てる人と必要な人の需要をかなえる事はできるのではないかと思います。

前のブログにも書きましたが、「どんな高価なものでも不要な人にはゴミですが、ゴミでも必要な人には宝」だと考えます。パソコンのリサイクル料金を払うより、よっぽど有益なリサイクルにご賛同頂ける方は、是非メールで連絡下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »