« 賑やか | トップページ | 関西空港 »

2005/04/09

躾をしないという虐待

僕は普段からよく子供を叩きます。もちろん、感情でそういうことをするわけではなく、我がままや悪い事をした時に注意の意味を込めて叩いています。
怒るときは、人が周囲にいようといまいと関係ありません。「悪い事は悪い」と教えないと、結局自分が困る事になると思っているからです。

3歳で、自分の母親の事を「糞ババア」と呼ぶ子がいます。
4歳で、親に注意されると「うるせぇ」と反論する子がいます。

この子を放置しておいて、大きくなってから自分にとってデメリットが無いと考える親なのかはわかりませんが、こんな口のきき方をされて、「こら、そんな言い方したらだめでしょ」って口で言って「おしまい」の人をよく見かけます。場合によっては、こういう言葉を口にする我が子を見て、「かわいい」とほめる人もいるようです。

徹底的に怒らないのは子供のためですか?
悪い事をしても叩かないのは子供のためですか?

そういう言葉を日常会話で使っているから、子供を怒れないのでしょう。
そういう言葉を使う事自体を悪い事とは思わないから、怒る理由がないのでしょう。

たかだか言葉使い程度に大げさだと思われるかもしれません。でも考えてみて下さい。
あなたは、あなたを「糞ババア」や「糞ジジイ」と呼ぶ他人の子供に優しくできますか?
子供には、親にしても許される事と他人にしても許される事の区別はできません。親に使う言葉は、きっと友達の親や先生に対しても使う日が来るでしょう。

躾をしないことは虐待に近い行為だと思います。それは子供だけでなく、自分に対する虐待でもあります。
躾のなってない子供を見た時、その親をしっかりした人格の持ち主だと考える事ができますか?
さあ、子供を叱りましょう。そして、自分も悪いと思われる事をしないよう心がけましょう。

僕はいつも我が子を見て、自分の悪いところを教えられます。子供を叩く時、僕は子供以上に身勝手な自分を思い知らされます。是非、子供と一緒に僕自身も成長したいものです。

|

« 賑やか | トップページ | 関西空港 »

コメント

同じ意見ですね。ひどいことを言ったりしたら、お構いなしにやってしまいます。
虐待かと自問する場合もありますが、かといって悪いものは悪いと教えないことはできません。
口で言えば分かるという人もいますが、そればかりではいけないような気がします。
怒り方も工夫が必要ですし、子供を育てるということは大変なことです。

投稿: ichiro | 2005/04/10 21:08

代わりに良い事をしたら、とても褒めます。
小さいときから良い事をすると気持ちがよくて、悪い事をしたら後ろめたいという思いを植え付けておかないと、人間は堕落する素地がすぐにできてしまいますもんね。
最近の「悪い事はした者勝ち」みたいな風潮にはとても反感を覚えます。

子育て頑張りましょうね。

投稿: きむらしのぶ | 2005/04/11 17:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/3633090

この記事へのトラックバック一覧です: 躾をしないという虐待:

« 賑やか | トップページ | 関西空港 »