« 条件のいい保険に入っているんですけどね | トップページ | 英語の勉強 »

2005/04/22

7の次は10

ちょっと日記的な内容が続いたので、初歩の技術的な内容を書いてみます。

「7の次は10になる」、これは8進数と呼ばれるもので、コンピュータの世界ではそれなりに使われています。
よく耳にするのは16進数や2進数で、8進数というのはそれほど出てこないように思いますが、16進数も2進数も日常でよく使われる10進数との差が大きいので8進数を使って数の数え方について話をしたいと思います。

普段私たちが日常で使っている数字は10進数と24進数、60進数です。物の数を数えるときは10進数で、9の次が10となり11〜19と続き、20になります。これは10番目の数は上の桁が一つ増えるというものです。24進数という言い方はほとんどしませんが、24時間経過したら1日という桁が増えると考えることができます。60分なら1時間、60秒なら1分というように一つ上の桁が増えます。時間は同じものを数える際、桁により数え方が違うと言うとても高度な数値です。それを簡単に扱っているのだから他の数え方もそれほど難しくはないでしょう。

8進数では1〜7まで続き、次は10になります。11〜17の次は20です。
15という数があった場合、これを10進数に変換する手順は10の桁に8をかけて、1の桁の数値をたします。答えは13ですね。115ならば、100の桁に8x8をかけて、10の桁に8をかけて、1の桁の数値をたします。答えは77です。

16進数ならそれぞれの桁にかける数値が16になり、2進数なら2になるということです。当り前ですが、10進数なら10です。

数の数え方はただのルールであり、プログラムを作成する上では本質とは言えませんが、避けて通る事はできません。最近、パソコンが一般的になり、スクリプトなどでプログラミングをする方が増えてきましたが、多くの人に基礎となる部分が足りない様に感じます。
ただのユーザーならそれでかまわないのですが、技術者ならハードとのやり取りや他のマシンと通信を行なったりする上で、知っていないとどうしようもない場面に遭遇するのではないでしょうか。機械に10進数で考えるよう指示しても、彼らにそれを強要するのは難しいです。

|

« 条件のいい保険に入っているんですけどね | トップページ | 英語の勉強 »

コメント

中古PC募集の件,会社ではこのクラスのパソコンはすでに廃棄対象で,まだまだ動く機械がどんどん捨てられていき心が痛みます。経理の人に「払い下げてもらえませんか?」と聞いたら,税法上認められないんだそうで・・・。経費節減とか言っておきながら,なんだかなぁと思います。

投稿: Gena | 2005/04/24 21:21

どうせ捨てるなら、学生やボランティアの団体などの必要だけどなかなか購入できない人達に役立ててもらう方がとても有効だと思うのだけど、そうはいかないんですよね。
リサイクル、リサイクルと言っておきながら、一番有効な再利用をできないようにしている法律があるなんて、おかしいですよね。求む法律改正!

投稿: きむらしのぶ | 2005/04/26 07:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/3808341

この記事へのトラックバック一覧です: 7の次は10:

« 条件のいい保険に入っているんですけどね | トップページ | 英語の勉強 »