« Harry Potter And The Prisoner of Azkaban | トップページ | iBooKが壊れた »

2005/03/04

人の意見に耳を傾けること

「自分の周囲にいる人は、自分より能力が劣っている」と考えている人はいませんか?

その通りかもしれません。
人の何倍も努力し、持って生まれた才能に恵まれたあなたは、周囲の人よりも確実に優れています。また、多少不得手なところがあっても、基礎ができているので少しの努力で周囲の人を軽々と追い越してしまうことができるでしょう。

そんなあなたは、周りの人の意見が馬鹿馬鹿しく聞こえてきませんか?
自信なさそうに当たり前のことを細々と述べたり、ちょっと質問するとすぐに意見を変えたり、実現不可能なことをすばらしいアイディアのごとく騒ぎ立てたり...聞くに堪えない状況かもしれません。
あなたの地位によるでしょうが、あまり高くない人ならその場にいながら別のことを考えているでしょう。決定権を持つ人なら、却下するか論破し意見を封じ込めるでしょう。人によっては、相手を叩きのめすような言葉をぶつけるかもしれません。

しかし注意して下さい。人間は失敗をするのです。
確かに人より失敗が少ない人はいますが、その人の普段の態度によって小さな失敗が大きな失敗に見えることがあります。

一人の意見が100%通る職場は、くだらない意見を言うことができる職場より劣悪です。

あなたは正しいことをしているつもりが、実は部下がぜんぜん違うことをしていて、しかも虚偽の報告をしていたり、報告自体をしていなかったりするかもしれません。100%把握しているつもりが、間違った情報を提供されているだけかもしれません。しかも、それが間違っていることを教えてくれる人もいない状況になっているかもしれません。
あなたは、きちんと報告しない人が悪いと言うでしょう。でも、そういう環境を作った自分の非は目に映りにくいものです。

間違った情報を持って何を判断するつもりですか?

中国の始皇帝の息子「胡亥」は好き勝手なことをしていて、反対意見を言ったりや諌める者を片っ端から切り捨てました。謀反が起こり、胡亥の目の前に死が迫った時、近くにいた宦官に「どうして、こうなるまで教えてくれなかったんだ!?」と聞くと、宦官は「教えなかったから、こうして今も傍にいられたのです」と答えたという故事があります。
あなたの意見は正しいのかもしれませんが、間違いを訂正する人がいない状況では、間違った判断を余儀なくされるのだから、結果的に間違った意見を言うことになっているかもしれません。その結果、あなたが「胡亥」と同じにならないと言えますか?

優秀なあなたには才能が豊富にあるのですから、多少努力をしない人達に合わせることもできるでしょう。
もし、周囲の馬鹿さ加減に我慢の限界が来たら、「我慢の限界が来るまで、周囲の状況を改善させる力が足りなかった」と自分を諌めてみましょう。

|

« Harry Potter And The Prisoner of Azkaban | トップページ | iBooKが壊れた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/3166437

この記事へのトラックバック一覧です: 人の意見に耳を傾けること:

« Harry Potter And The Prisoner of Azkaban | トップページ | iBooKが壊れた »