« できることだけど、大変苦労する | トップページ | Web版ガントチャート rev.-9998 »

2005/02/05

ニュースを直視できない...

 先日常識の話をした時、論理的な思考がどうたらと言いましたが、今日のニュースになんとも表現し難い思いでいます。目の前に人が立っていたとして自分に何のリアクションができたのだろうと思うと、不可避の悲劇に子を持つ親として人事に思えず、ニュースを直視できませんでした。

 今、明日が弟の命日から100日目で、実家に帰っています。子を持つ親として、100日前の自分の親の気持ちは計り知れないものがあると想像に難くありません。子を産むと言うのは女性の役目であるかもしれませんが、父親の責任も重大です。複雑な思いや不安を抱えながら、大きな責任に立ち向かいつつ親は親の責務を果たすために日々を送るのです。こんな苦労は愛情無しには耐えられません。自分を犠牲にし、おしっこをひっかけられても、手がうんちまみれになろうとも、何かを期待する訳でもなくただ子供の幸せを願いながら一生懸命子育てをしているのです。
 その思いを一瞬で奪い去るなんて、常識など一体何の役に立つのでしょうか。
 もし、自分が同じ状況にあったらと想像しない親はいないでしょう。悲しみとともに吐き気を伴う嫌悪感で胸がいっぱいになります。

 人間には色々な事情があるでしょう。家庭の問題、仕事の問題、知人の問題、学校の問題、他にも多くの問題があります。でも、その問題を一つ一つ解決もしくは打開しながら日々を送る努力をするしかないのです。

 僕は以前、教育は家庭環境の影響が大きいと思っていました。
 先日、娘が「おおきな古時計」の歌詞で「チクタクチクタク」というところを「チョクタクチョクタク」と覚えて帰ってきました。そこで、違うんだよと話をすると「先生がそう言った!」と反論し、聞く耳を持ちません。この時、集団生活の練習場である幼稚園、保育園、学校の重要性について思い知らされました。

 最近、先生たちの不祥事がよくニュースに取り沙汰されます。知人によれば「先生はネタにしたら面白いから」とその理由を説明しますが、人に教える立場の人間が犯罪を犯すと言うのは別次元です。そいう輩を採用した時点で、採用した人間は責任を負うべきなのではないでしょうか。
 教師のほとんどは小中高、大学と進学し、教員資格を得て教師になります。でも教わる生徒のほとんどは教師になるわけではないのに、教える側は学校と言うある種得意な環境しか知らないというのはやはり変でしょう。これから生徒が進む道を知らない輩にどうやって指導をしろと言うのか甚だ疑問です。

 ある知人は企業に勤めていて、まともな人間関係を形成できず教員資格を使って学校の先生になりました。大げさに言うと一般社会に於ける落後者の落ち着く場所とも言えなくない。もちろん全員がそうとは言わないが、そんな人間が入ってきたら他の先生はまともに対処できるのか?一般企業から引き抜かれた校長を自殺に追いやる様な輩に、その人間を校正させることができるのか?いじめっ子と一緒になって弱い生徒を自殺に追いやるのが関の山じゃないのか?
 もちろん犯罪者は悪い。でも、人の気持ちを考えずに利己的や自己中心的な理由で人を傷つける行為を助長する一因に学校も寄与しているように思えてしかたがない。

 僕の通っていた中学校には、自分の感情を抑えきれずに教室にある花瓶を割る奴や卒業式の最中に声を出してしまった特別学級の生徒を床に叩き付ける教師がいた。今でも名前を忘れることはない、島根県の鹿島中学校で野球部の顧問をしていた青○という。体育の授業はバスケかサッカーで、授業中姿を見せないのに成績がつくのが不思議でしかたなかった。引っ越しのため転向して来た生徒に「何しにこの学校にきたんだ?」と質問する阿呆さ加減に呆れて何も言えなかった。

 義務教育?何を教えるためにこんな輩を採用しているのかわからない。
 もちろん犯罪の多発が全て学校の責任とは言わないが、道徳の授業を行っている人間が人権を無視した行動をとっていて、生徒がどう感じるのかは容易に想像できる。

 よく企業のある従業員が犯罪を犯したら企業全体のイメージが悪くなると言われる。先生が例外だとはとても思えない。

 学校は「人を殺してはいけない」ということもまともに教えられないのか?

|

« できることだけど、大変苦労する | トップページ | Web版ガントチャート rev.-9998 »

コメント

本当に痛ましい事件でした。
21世紀に生まれてくる子供たちにはきっとステキな未来が待っているはずだと思っていたのに,現実には子供たちには過酷な時代ですよね。
自覚の無い親に虐待される。学校に行けば先生が犯罪者のときもあるし同級生に殺されることもある。街を歩いていれば奈良の事件や今回のようなことがある・・・。

うちは子供のいない家庭ですが,それでも子供たちにはステキな未来が来ることを祈っています。
管理人さんも子育て頑張ってください!

投稿: Gena | 2005/02/05 13:29

次の日には無免許運転で4人もひき逃げして、何かにぶつかったと自首する事件がありましたね。
良い事、悪い事の判断は誰が教えるんだろう。
親なのか、学校なのか... ブログでは学校の責任のように書いたけど、もちろんそれだけじゃないですよね。マスメディアとか漫画、アニメーションなど、商売のためには倫理のかけらもない作品を世に出す人達にも責任はあると思っています。

練炭で命を絶つ人達も後を絶たないし...命の大切さとかをもっときちんと教えてあげて下さいと言いたいです。

先日、キル・ビルという映画を見ました。評判が悪くなかったので、楽しみにしてたのですが、開けてビックリ玉手箱。あまりに異常な描写に吐き気がしました。あれを面白いという世の中が「まとも」とはとても思えないです。R指定だのなんだのという問題じゃないですよ。バトルロワイヤルにしたって、あれらは娯楽ではなく廃退の象徴に見えます。

投稿: きむらしのぶ | 2005/02/06 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79953/2809461

この記事へのトラックバック一覧です: ニュースを直視できない...:

« できることだけど、大変苦労する | トップページ | Web版ガントチャート rev.-9998 »