トップページ | 2005年2月 »

2005年1月の7件の記事

2005/01/31

「ものづくり」の心

 娘が「粘土で遊ぼう」と誘って来たので、一緒にいろいろ作って遊んでました。
 一生懸命作っている娘が、どう考えてもそうは見えないものを「ネコだ」、「イヌだ」と自慢します。ついつい「それはネコには見えないなぁ」と言ってしまうのですが、ふと思うことがありました。

 僕が粘土で何かを作り始めると、まだ形のできていない状態で娘は何を作ろうとしているか当てるのです。これは別に娘がすごいわけではなく、多分ほとんどの子供ができるのだと思いますが、なぜわかるのかなという事に思いを巡らせてみました。

 これはつまり、娘が自慢した粘土の塊は、やはりネコやイヌだったのでしょう。僕たちは大人になるにつれ、多くを見聞きします。そして次第に、ものを識別する時に多くの特徴を必要とするようになっていくということです。子供は多くを知らないから、直感で知っているものを連想することができるだけで、知らないものを作り始めたらもちろんわからないのでしょうが、大人は「直感で連想する」ということが苦手になってゆくのでしょう。

 よくプロジェクトが進行するにつれ次第に問題が露呈してゆくことがありますが、ここでこの子供の直感があれば、問題が具現化する前に対応ができるのではないかなと思ったりしました。非常に難しいことは承知していますが、陶芸の匠は台の上におかれた材料を見る時に焼き上がった後のイメージが見えるそうですし、画家はキャンパスに向かった時点で無地のキャンパスに完成した絵が浮かびそれをなぞるだけだというではありませんか。

 目指す道を示す「ヴィジョン」とその道の辿り付く先を描く「イマジネィション」に必要なのは知識だけでなく、直感力も重要な要素なのかなと感じました。

ちなみに粘土細工でPCを作ってみました。しばらくプロフィールで使ってみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/30

MacにGTK+2、目指すはDia

Diaが使ってみたいと思い、動作に必要な各種ライブラリのインストールにチャレンジ。
インストール対象はMac os.X 10.3。

ソースをダウンロードして、
 % ./configure
 % make
 % sudo make install
と繰り返してみた。
順番は

 pkg-config-0.15.0
 gettext-0.14 (./configure --disable-csharpとした)
 glib-2.6.1
 libjpeg-6b (これはインストールしても/usr/local/libにコピーが入らない...)
 libpng-1.2.8
 tiff-3.7.1
 pango-1.8.0

なんか順調そうだったのに、このへんから歯車が狂い始め...makeで「fontconfigの関数がうまく動かないよ」って言われるのでfontconfig-2.2.99を落として来てconfigure ...
expatが古過ぎって言われるので、expat-1.95.8を落として来てconfigure ... これは何とか上手く言ったみたいだけど、fontconfigをmakeするとエラーが出てしまう ...

調べてもどうしていいかわからない上に、Macには既にpkg-configが入ってたりして...バージョン違うのが別のディレクトリに入ってて両方にPATHが設定されている場合、何か問題があるんじゃないかと心配になってきた。

結局、昨日のP.M.11時からA.M.5時までかかって ... 挫折 ... 寝ました。

まだ以下のインストールが必要みたいなんだけど、

 atk-1.2.4
 gtk+-2.6.1
 freetype-2.1.9

とりあえず、情報収集をして再チャレンジしよう ... いつの日か ...

もし、情報をお持ちの方がおられましたら是非ご教授願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/29

Web版ガントチャート rev.-10000

去年の3月くらいに着手して、頓挫したWeb版ガントチャート。コードネームは「挫折寸前」。
PHPを使って工程を管理するスクリプトを作成中ですが、やっとログインして分類を追加する部分が完成しました。
でもエラーばかりかも...
バージョンアップ毎にデータを消す予定なので、興味のある人はじゃんじゃんログインして試してみて下さい。
できれば、意見を聞かせて頂けるとうれしいです。


PHPとPostgreSQLを用いた工程管理システム構築実験

ID : guest
Password : guest

です。
PHPはちょっと未熟なので、DBパスワードとか見れるようになってたりして...もしヤヴァそうなら警告願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜遅くまで

今日は0:30まで仕事。
いろいろと不具合があり、仕事はどんどん遅れた挙げ句、日付が変わってしまいました。
他にも、ミーティングでさんざん報告してた何日も前のデータを今頃「おかしい」とか「考え直し」とか指摘されて、ついつい「なぜその時言わなかったんですか?」と聞きたくなってしまった。
「ミーティングって一体何の為に行なってるんだ」、「報告って何のためにしてるんだ」って考えると、落ち込んでしまいました。自分で言い始めて実現したミーティングに一番賛同してくれた人が毎朝不参加で、報告の内容も聞いてないという現実が悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/28

入管から連絡

僕の妻は韓国人で、諸般の事情により妻の母と同居しています。
色々な問題はあるのですが、一番大きな問題は査証です。日本に滞在する資格が無ければ、同居自体を継続する事ができません。
去年の12月に色々な資料を集めて、入管へ滞在資格の取得を申請しました(詳細はこちら)。今までしたことのないような手続きでずいぶん情報集めに苦労しましたが、その労が実ったようです。昨日、入管から査証取得の手続きを案内する葉書が届きました。
よかったよかった。
ということで、本日の午前中だけ会社をお休みして入管へ手続きに行く事にします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/01/27

ことはじめ

去年から、とあるソーシャルネットワーキングサイトで日記をつけてました。
すぐ終わるだろうと思っていたのですが、それなりに続いているのでブログでも始めてみようかな。

主な内容は自作ソフトの開発記録か日記だろうけど、開発に関する意見の交換等にも役立てたいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情けは人のためならず

 「情けをかけるとその人のためにならない」じゃないよっていうのは、様々なメディアで1度は目にしたことがあると思います。
 損得勘定抜きでの付き合いと言っても、相手に何かをしてあげてお礼が無ければ、付き合いはそう長くは続かない。結局「また何かあったらお世話になるかもしれない」という心から、相手にも親切にしようということなのでしょう。

 商品開発について考えてみます。
 まず、相手の事を考えます。お客様のニーズを研究し、お客様にとってメリットの大きくなる商品を企画する。そしてお客様が喜んでもらえた対価として、いくらかの金銭を得る。
 でも、世の中には「相手の無知につけ込んで、悪い商品を高額で売りつける」という商品が圧倒的に多いです。これは企業の大小に関係ないようです。ネームバリューのある大企業も例外ではありません。得手不得手に関係なく広範囲な事業に着手し、不得手な分野で粗悪品を法外なリベートを取って客に押し付ける。
 騙そうと思ってそうしているのでは無いとは思いますが、相手の事を考えて始めた事業でも、実務に追われているといつの間にか理想を忘れ、利益を追求してしまうため結局お客様に損害を与え、企業自身もその分野での仕事を失ってしまいます。

 子育てについて考えてみます。
 我が子に親切でない人はあまりいません(例外は無視します)。そして、人の子に親切な人はとても少ないです。ところが子供は見てるのです、親が他人に対してどういう態度をするのかを。
 その子が大きくなった時、親を「家族」と見るか「他人」と見るかはわかりませんが、他人と見た時に親にどういう態度をとるのか想像するのは簡単です。今、若い人達が問題になっているのは、僕たちの一つ上の世代が子育てに失敗したためです。自分とその子供だけを考えすぎるあまり、自分と子供の絆を失ったのではないかと思います。

 初心に戻ってみましょう。情けをもっとかけて下さい。情けは自分のためにかけるのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年2月 »